くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ごうもん その2

ETR改造ホルダーについては、
以前こんな記事をアップしている。
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/blog-entry-56.html

私の仕事の中では、
最も特徴的なものなので、
もっと広まって欲しいのだけれど、
なかなか世間に認知されない。

あの、ザロモンの使ったエルマノックスも、
そのSLR型エルマノックスレフレックスも、
エルネマンミニチュアクラップも、
全て改造ホルダーを使えば、
120フィルムで撮影できる。

残念ながら、
引き蓋機能は取り外してしまっているので、
ホルダーとピントグラスとを差し替えられず、
測距は目測になるが、
撮影結果はどれも素晴らしかった。

MATSUYAのカメラショウでは、
幾つか出品されているので、
御興味おありの方は、
お問い合わせください。



スポンサーサイト
  1. 2012/02/11(土) 04:00:44|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ⅰ型二題

相変わらずバタバタの更新です。
年末進行に加え、PCのキーボードが一時的に効かなくなり、
真っ青になるも何とか回復。
色々書きたいことがあるけれど、
これが年内最後のアップになります。

leica1type
先日やったのが、
ライカの中で最もシンプルな”スタンダード”と、
それにシンクロの載った”Ⅰf”。
これまで幕交換は沢山やったけれど、
このタイプは初めてだった。
廉価版なのだから楽な仕事と思われるかも知れないが、
決してそう言うわけでなく、寧ろとても良い勉強になった。
幕交換を収得するのならば、このタイプから始めるべきなのだ。

緩速装置の入らない機構は、
幕の動きがシンプルに現れる。
修理者は始点終点の位置と動きとを、
直感的に認識できなければ、
本来あるべき形に納めることは出来ない。
それは、文献から読みとれない、
体験を元にした感覚で、
それこそが”職人の技”なのだと思う。

逆に年輩の修理者でも、
それが身に付いていなければ、
正しく調整することは出来ないし、
不調を見落として、
納品直後の返品を食らうことになる。

年の終わりによい経験が出来た。
来年も基本を見いだし、
それを身につける一年にしようと思う。

皆さんも、
良いお年をお迎えください。

  1. 2010/12/29(水) 23:57:12|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニチュアクラップ 1型

今回はいきなり全体画像から・・・・。

minituer crap 1
細かい歴史は割愛させて貰うとして、
先日取り上げた、エルノフレックスのご先祖にあたるカメラ。

ミニチュアクラップは1型と2型とがあって、それぞれシャッター機構が異なる。
2型のそれは上記のエルノフレックスだけでなく、あの有名なエルマノックスにも
用いられている。それに比べて1型のそれは、結構トホホ・・・・。

minituer crap mecha
メカと言ってもたったこれだけ。しかも、シャッター速度の設定は、
シャッターチャージ前にスリットの幅をスケールで決める。
当然セルフキャッピングは出来ないから引き蓋を入れなければ行けない。
それどころか、セット前にフィルムをカメラから一旦外さないと、
スピードが決められない・・・・・・。
minituer crap filmgate
これが、もう少し進歩すると、スピードセットはダイアルで出来るようになるが、
相変わらずセルフキャッピングはしない。
以前掲載した、エルノフレックスの機械部画像を見比べていただければ、
このカメラの進歩がおわかり頂けると思う。
筐体に木を使ってあるなど、金属カメラになる前の過渡期の構造なので、
調整はかなり気むずかしいが、出来上がってみるとかわいい奴です。


  1. 2007/10/13(土) 00:50:30|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ernoflexの機構

先日組み上げたエルノフレックスが不調で里帰りしてきた。
組み方は間違っていなかったのだけど、調整で思い違いをしていた。
その時取った画像を見ながら、カメラの中身を覚え書きにしておこうと思う。

ernoflex mecha1
この機構の特徴は、3軸のフォーカルプレーン(FP)シャッターなのだが、
ドラム(リール)も3本しかなく、先幕は幕とリボンとがループしていて、
一つのドラムで巻き上げ・巻き取りが行われていることだ。
(ライカは3軸でも巻き上げ側は同軸に2そろいのドラム・リールが入る。)
しかも、幕端の棹管と呼ばれる部分が特殊で、後幕が閉じた後、
先幕が後幕を掴み、次のチャージの時にそのまま引き上げられ、
セルフキャッピングがなされている。
従って、後幕テンションが低くその突っ込みが弱いと、十分にロックされず、
巻き上げの際ジャムする。
また、このロック機構はシャッターレリースのトリガーも兼ねているため、
レリースアームの調整が不十分だと、そこでもジャムが起こる。
以上、文字にすると複雑だが、実際の機構は非常に観測で合理的なので、
調整しながら見ているとなかなか楽しい。



ernoflex mecha3
非常に複雑に見えるが、機構を理解すると比較的簡単に動かすことが出来る。
カメラの悲しさは、時計と違ってシースルーが難しく、
スケルトンがあり得ないことだとも思う






  1. 2007/10/04(木) 13:10:59|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメラショー直前

こんなことやってないで、早く寝なければならないのだが・・・・。
カメラショー用に仕上げた作品をご紹介。
ernoflex2012a
エルノフレックスというアトム版のカメラ。
しかーし、今回の主題はこのカメラを
楽しむために開発したロールフィルムホルダー。


120holder2

一目瞭然ゼンザブロニカETRのフィルムホルダーをアトム版のフィルムゲートに
改造したモノ。
ernoflexHolderA

ernoflexHolderC


ブロニカETRをお持ちの方はホルダーをご覧になっていただくと、
全く違っているのが判るとおもう。これを使うと、アトム版よりも一回り小さいながら、
120フィルムを使ってこれらのエルネマンカメラで撮影できる。
当然、エルマノックスもOK。
カメラショー会場の何処かに有るのでお探しあれ。

テーマ:ビーズ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/09/21(金) 00:58:41|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード