くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

最近やった面白い整備

いきなりですが、メカの画像をご覧ください。

superb1

これはフォクトレンダー製二眼レフの上部カバー^を外して、
無限位地状態を横から撮ったモノ。
ヘリコイドを繰り出して最短まで持ってゆくと・・・・、
こんな事になる。

superb2

ビューファインダーが下を向いているのが、
お分かり頂けるだろうか?

1932年頃に発売されたスパーブは、
フランケ・ウント・ハイデッケ社の特許を回避するために、
かなりややこしい構造になってしまっている。
先ず、フィルムが横送り。
ロールフィルムを上下光路の死角を利用して、
上下に給装すると特許に抵触するからだ。
そして、パララックス補正のために、
ローライはファインダーのマスクを動かしているけれど、
このカメラはファインダーのユニットごと首ふっている。
戦前に二眼レフを設計すると、
ここまで面倒くさい目に遭わされるという例の典型。
ところが、ドイツの敗戦でF&H社の特許が剥奪されると、
比較的簡単に製造できるTLR(二眼レフ)は、
ローライもどきとして日本で大量に製造販売されることになる。
・・・・リコーフレックスなんかが特に有名。

国産カメラの普及に大いに貢献したTLRは、
大半はローライやスパーブとは比べるべくもなく安普請だけれど、
50年経った今でも、まともな機体はまだまだ十分復元できる。
せめてそれらをお持ちの方は安易に捨てたりせずに、
心ある方の手元に残して置いて欲しいと思う。
修理するとなるとそれなりの金額がかかってしまうけれど、
同じくらいの出費をロモやホルガに支払うよりも、
遙かにしっかりしたカメラが手に入るから。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/08(月) 12:39:39|
  2. TLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

伝説のカメラ

嘗て銀座に新品購入のために大行列を引き起こしたカメラがある。
今で言うなら、ドラクエとプレステとIポッドを足して3倍したようなモノ。
で、その中身がこれ。

ricohflex6

”どんだけー??!!”っていうか、”こんだけー!!”
つまり、ブリキの箱にレンズ二つとシャッターを付けただけ。
普通、二眼レフ(TLR)はただの箱に見えても、その両側面には、
coad1
とか、
coad2
とか言ったメカが組み込まれていて、何より筐体そのものがダイカストで出来ている。
ところが、このカメラは全くのブリキの箱で、3速がビミョーに動くシャッターを付けて、
ケース付き7300円。くどいようだが、物価スライドすると現在で14万円程度のお品。
儲かったと思う・・・・・・。
ご尊顔はこんな感じ。

ricohflex6

作りのイージーさと写りについての悪い評判から、半ばうんざりして試験撮影したのだが、
思いの外シャープな結果を得て驚いた。やっぱり写るカメラだから売れたのね・・・。
しかーし、敢えてダメを出すが、個体特徴なのか製品特徴なのかこのカメラのレンズ、
中玉のカシメが甘くカタカタ言っていました。
留めないでそのまま写していたら、いつでもちゃんと写るカメラにはならなかったと思う。





  1. 2007/08/20(月) 00:00:26|
  2. TLR
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード