くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ベッサマチック

実は今回餅つき大会を撮影したのは、このカメラでした。

_DSC0980_20161206132104e5b.jpg
[ベッサマチック]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/12/06(火) 14:41:35|
  2. LS-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォカフレックスⅠ

昨年暮れにヤフ-オークションで落札して、
そのままになっていたフォカフレックスを、
やっと少し手が空いたので整備する事にした。

focaflex11
外観はとても綺麗で、
一応巻き上げも出来ているから、
できあがりを楽しみにわくわくして分解に入る。




focaflex13
フォカは画像のように、
片カニ目が使われていて、
工具を自作しないと開けることが出来ない。
(カニ目にしてしまえばいいのだけれど、
  出来るだけオリジナルの状態を崩したくはない)



このカメラはレンズシャッターの一眼レフで、
ペンタプリズムとミラーボックス等、
主要な作動部分はレンズボード側に留め付けてある。
従って、フィルム室側のボディーはただの箱。
focaflex12



シャッターユニットを外し、
最も重要部分である、
そのメカを開ける。
focaflex15
シャッター蓋留めリング周りが、
酷く傷んでいる。
素人が以前開けた印。
いやーな予感・・・・・・・。






focaflex14


・・・・・・・・・・・・・・・・・。



スローガバナーが抜かれている。
セルフタイマーもぐらぐら。
最重要部分は初めから完全に壊れていた。

確信犯だ。





出品者がこれをやったのかは、
特定できないが、
同種のカメラを何度も取り扱っている人物なので、
少なくとも全くのジャンクであることは、
解っていただろう。
この内容では、5千円でも私は要らない。
なまじ微妙な金額で出品されていたので、
掴まされた。
勿論、”ジャンク”を断っての出品なので、
一方的な非難は出来ないが、
何処かでプロがババを混ぜたことに違いはない。




フォカフレックスは、
特異な形状が魅力のおフランスカメラで、
数も少ないからコアな人気があるけれど、
構造的な欠陥を抱えているため、
たった一つのパーツが壊れてしまうと、
交換以外には絶対に直らない。
とっくの昔に製造を終えているので、
スペアパーツもなくいきおい移植になる。
現在動いている個体でも、
シャッター周りに油ぎれが起こり、
巻き上げトルクが大きくなりすぎると、
件のパーツが割れてご臨終遊ばすことになる。
先々まで面倒をみてくれる、
しっかりと整備したカメラを扱うお店以外では、
お買い物はお勧めできません。




それにしても、この個体は当たりスレ無しだが、
前玉が完全にダメでシャッターが使えないため、
完動で外装の汚い個体と2個いちする以外には、
使い道がない。
嗚呼・・・・・・・。

元の持ち主は、
現在も同じようなカメラを出品中。
公開してやりたいぐらい腹が立つが、
高い授業料を払っても、
人につけ回さない程度のプライドは持とうと思う。










  1. 2010/10/31(日) 09:23:00|
  2. LS-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気付いてみれば・・・・

今年ももう半分終わってしまった・・・。
何やってるんだろう私・・・・・。


先日師匠と話をしていて、
”この仕事、カメラが好きでなくては出来ない・・・”
ってことを言われて、
はたと自分を省みた。

まあ、カメラは好きなんですけどね、
でも、よくよく考えてみると、
無批判にカメラが好きなわけではないのですよ。
もう少ししつこく説明すると、
”写真を撮る道具としてのカメラ”が好きなのです。

だから、同じ機種を何台も集める人の気持ちは解らないし、
同じレンズの着いている異なるカメラを持とうとは思わない。
勿論M3のようにロットによって仕様が異なるカメラは、
比べて楽しむのはありだけど、
好きなの一台、あればいいじゃんと思う。
まして、特殊な刻印に法外な金額を払う人、
は、ともかく、それを根拠に偉そうにする奴は×××・・・・。

反対に、面白そうなレンズの着いているカメラは、
どんな写りになるのかわくわくしてしまう。
或いは、凡庸なカメラでもそれで見事な写真を撮れる人は、
本当に尊敬する。
高価なカメラを所有することより、
魅力的な写真を撮れることの方が、
遙かに尊いと思えるのだ。

で、
最近私の手元に巡ってきた一台のカメラ。

agfaambiflex
アンビフレックス。
以前、ゾラゴンを入手した際ブログにアップして、
ボディー探しを宣言したのだけれど、
さる奇特なお方からご連絡を受けた上、
教材としての使用許可を頂いた。
現状動いているけれど、
ファインダーに多少の汚れがあり、
何よりも、
一度ジャムすると致命傷になりかねないタイプの機材なので、
ゆっくりオーバーホールしてからロールアウトさせたいと思う。

それにしても、
どんな写りをするのか本当に楽しみ。
有り難うございました。
インプレッションこうご期待。
  1. 2010/07/02(金) 01:06:46|
  2. LS-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TDLでの使用機材

舞浜に持ち込んだのは、これ。

BMsepton
Septonは相変わらず強い光には弱いけれど、
上手く遮光してやると、
たまらなくきめ細やかな描写をしてくれる。
何度か整備の手直しを繰り返したボディーは、
完全にあたりが着いて巻き上げが滑らかで、
シャッターフィールが心地よい。
きちんと整備した機体で、
デッケルマウントレンズを楽しめば、
もっと評価が高まって良いカメラだと思う。

レンズが良くてボディーに不安があるカメラとしては、
ペンタコンシックスが有名だけれど、
最近何故か人気の出ているP6に比べて、
これは見向きもされていない。
可哀想にね・・・・・。


そう言えば、
Kさんご連絡有り難うございます。
喜んで使わせていただきますので、
委細をお知らせください。
お返事遅くなって申し訳ありません。
  1. 2010/05/22(土) 01:30:04|
  2. LS-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペンティナ その3

解説が落ちていたけれど、
前回の写真画像は先週鎌倉でペンティナを使った、
撮影結果です。
ロールアウト直後だったので習熟が足らず、
ピントやタイミングを外してなかなかいい画が撮れなかったけれど、
撮影行自体は楽しめた。
何よりも、七五三シーズンの鶴ヶ丘八幡宮は、
お父さんもお母さんも爺ちゃん婆ちゃんも子供達も、
みんなおめかしをして幸せそうで、
見ている私も楽しくなってしまった。
変わったカメラを持ち歩くと、
レンズを向けても敷居が低くなるような気がする。

このカメラのメカ的特徴を少しだけ解説すると、
レンズマウント直後にこんなパーツが入っている。

pentina mecha2

これは、絞り制御ピンで同軸に並んだ二つのギアが、
それぞれ絞りセットリングとシャッタースピードセットリングに絡んで伸縮し、
レンズの絞りを開閉する。
ここにゴミが入ったりオイルが抜けたりすると、
上手く写真が撮れなくなるのね。
理屈が判っていると回復は比較的簡単だけど、
取り扱いには注意が必要ね。


というわけで、このカメラは11月24日終了扱いのヤフーオークションに出品中。
カメラ本体>一眼レフ>マニュアルフォーカス>その他で、閲覧可能です。
ご興味おありの方はご覧ください。



  1. 2008/11/17(月) 01:58:32|
  2. LS-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード