くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

二眼レフの修理

敗戦国ドイツにあったフランケ・ウント・ハイデッケ社は、
二眼レフのパテントを全て失い、
オープンになった技術を元に、
戦後の日本では大量のバッタ物が作られ、
空前のブームのさなかに、
雨後の竹の子のように、
カメラメーカーが乱立した時代があった。

今回お題にするのは、
そんな怪しい二眼レフ。

この手のカメラは、
おおむね大らかな作りをしていて、
剛性の確保された部材や、
作動を確実にするための精密加工は、
殆ど成されていない。
そのため、
きちんと写真を撮れるようにするだけで、
結構苦労する。

先ず、シャッターがとほほ・・・で、
レンズがあれあれ・・・・な、
事が多いけれど、
これはお客さんに、
ある程度御了解いただくしかない。

その上で一番大変なのは、
レンズボードを正しく動かすこと。
きちんと摺り合わせの成されていない、
レール(状のもの)の上を、
腰のない腕が出入りするのだから、
少しでもあてたり落としたりして歪みが生ずると、
かんたんに首を振り、
所謂光軸ズレを起こし片ボケしてしまう。

”おい、修理に出して大枚払ったのに、
 こいつで撮った写真はなんだか変にボケるぞ!”
ってなことになると信用問題、
後々のことが怖いので、
ボードと腕とレールとを、
うんざりしながら摺り合わせることになる。
はっきり言って作ったメーカーの尻拭いだ。

お手持ちの二眼レフが、
何故かすっきり写っていないとお感じならば、
カメラを構えてピントをゆっくり動かしてご覧なさい。
程良い力で滑らかにレンズボードが出入りするのなら、
その部分に問題は無し。
手応えが不規則で、
ボードが時々斜めになるようなら、
要修理です。

”言われるとおりに調べてみたら、
 こいつは大丈夫だった”と安心するのは未だ早い。
大体この症状は、操作の両端で起こります。
無限遠あたりでしつこく動かすと、
結構くねくねしていることがあるので、
ご注意あれ。

2011TLR


スポンサーサイト
  1. 2011/12/09(金) 11:51:10|
  2. 二眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理画像

かれこれ一月・・・更新途絶えました。
カメラショウの後、酷い風邪を引いて、
その後酷い二日酔いがあって・・・・・。
いえいえ、理由になりません、
さぼっていました。

仕事の事情が変わって、
以前よりも忙しくなったのは、
間違いないけどね。

やっと一段落付いたので、
ぼちぼち再開します。

先日終えた友人のローライフレックスの、
修理過程のアップです。

orollei1
一見すると、
何処にも問題のなさそうなオートマットⅤ。
外観上当たりキズ無く、
巻き上げ、ヘリコイドも非常にスムーズ、
レンズも取り立てて曇っていない。
そのまま使えそうな個体なのだけど、
やはりありました・・・・・。

orollei2
所謂羽油と言う奴ですね。
気温の高い今の時期ならば、
この状態でも何とか動くけれど、
低温で粘性が上がれば、
直ぐに固着してしまうでしょう。

また、こんな事も確認できました。
orollei3
orollei4
絞り羽の前後に付着した油分を、
判りやすいように半分拭き取った画像です。
色の変わった真ん中辺が、
油のない部分ね。
つまり、長いところ使われなかったために、
気化した油がそこいら中に付着しているわけです。

また、スリング留め金具と貼り革を剥がすと、
こんな状態でした。
orollei4
緑青がべったり。

以前にも書きましたが、
外観のきれいなカメラは、
魅力的ですが、
内部に致命傷を抱えている可能性があり、
扱いは慎重にすべきです。
つまり、”何かしら問題があるために、
使われることなく放置され、
結果的にきれいなまま残った”と言うケースが、
結構あります。
今回の固体は、
フィルム室に4×4マスクが入れられ、
ファインダーも同様だったため、
本来の使い方が出来ず、
使用頻度が極端に低かったと推察されます。

この固体に特に深刻な問題はなく、
総合的にはよい買い物だったでしょう。
気持ちよく動くようにしたので、
楽しんで使ってみてねO君。






  1. 2011/07/15(金) 00:31:03|
  2. 二眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード