FC2ブログ

くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

カメラを止めるな



調子に乗って二日連続レビュー掲載。今じゃ”かめとめ”で通用するほど、解る人には知れ渡った映画。友人が大絶賛していたので、朝08:15の初回上映に駆け付けた。文句なく満足。ここでは、ネタバレにならないように、お話とは少し間を置いた感想を挙げたいと思います。
[カメラを止めるな]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/09/06(木) 13:40:31|
  2. Cinema
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラム・リフ

以前、小林勝也さんのFM番組で、”ギターリフはロックの中でとても大事な役割を果たしている”てなことをやっていて、いくつも聴かせてくれた。

[ドラム・リフ]の続きを読む
  1. 2016/08/12(金) 16:19:45|
  2. Cinema
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シン・ゴジラ

庵野秀明入魂の一作にして最高傑作、且つ、正調・ゴジラ。

金曜日にハリウッド版二作目GOODZERAをやっていたけれど、庵野の解釈の方が正しいと思う。1954年の初代ゴジラが水爆実験を引き金として企画成立したとしたなら、シン・ゴジラは紛れもなく3・11を反映して話が成り立っている。まあ、どのシーンとってもF1をほうふつとさせる光景や筋立てばかり。政府の混乱ぶりはまるで当時の再現ドラマのようだ。

”この国はまだ捨てたものではない”と作中で言わせることに、この作品の本懐があり、強烈な愛国映画なのだけれど(いい意味でね)、隣に座って観ていた息子が、上映中にささやいた痛烈な一言が、本作の予定調和を簡単に吹っ飛ばしてしまう。

”なんでゴジラはやってきたの?”

ゴジラが放射性物質を求める生物だったとしたら、首都圏近辺での上陸地点は、東京湾内ではなく東海村か浜岡の原発でしょう。そうされたとしたら、何の阻止線も設けられず、いきなり上陸粉砕され、目も当てられない惨状からのドラマになってしまう。さすがの庵野も、そこまでのお話は組めなかったのだろうけれど、原子力発電所の危険性は、むしろ映画の世界よりもより現実的な問題として考えるべきだと思う。都知事選を巡るドタバタを見ていても、行政府の人材欠如は深刻なわけで、次の世代にもう少しましな社会を作るためにも、もっと真剣に危機感を感じるべきだろう。

序章の政府中枢の混乱の情けなさを見ながら、私は泣けて仕方なかった。そうしている間にも、被害が拡大し大切な命が失われてゆく・・・と。そして、それと全く同じ感覚を最近味わったことを思い出した。”半島を出よ”、2005年に書き下ろされた村上龍の長編小説は、その後の3・11の狂騒を予見し、言い当てるような細部を紹介し、読み進むのが辛くなるほどだった。

物語の価値は、ドキュメンタリーとは違った視点で、場合によってはその事象に対するより深い考察を喚起することなのだと、最近思うようになった。この国を好きでいられるためにはどうしたらいいのか、この映画を見て、そんな考えに浸る人が一人でも増えれば、製作された人々の苦労も報われると思う。
  1. 2016/07/31(日) 23:15:30|
  2. Cinema
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナユキの替え歌。

今年の歌はこれねって感じですが、
この辺でお口直しに、
いかがでしょう・・・・・。

 ”御意の~ままに~
  いうこと聞いてりゃいいの~~
  御意の~ままで~
   なーんにも考えず~~
  そーれでー~ 我がー家ーは~
   丸くーおさーまる~
    すこーしも逆らわないわ~~”

仲間内で発表した妻は、
以来、”女王様”とよばれています。
  1. 2014/08/04(月) 10:36:24|
  2. Cinema
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あなゆき

”れりごーーー、れりごーーーー”のあれあれ。

先週末に家族で鑑賞しました。
単なるアニメのミュージカルと思いきや、
一見の価値あると思える名作だった。

大体言いたいことは、
パンフの中で萩尾瞳さんが書いてしまっているので、
蛇足を継ぐことになるけれど、
世の中、
価値観がずいぶん変わったものだと思う。

お姫様を救うのは王子ではないのだから・・・。
お嫁さんになることが女の子の絶対のステイタスだった頃が、
遠い昔のことに思える。

でも、
身の内に抱えた葛藤は、
いつの世にも誰にもあり、
それを解放し、
一人だけで生きてゆくことを決意したとき、
熱唱するアリアが、あの歌です。

雪の岩山に一人で暮らすのに、
”少しも寒くないわ”とうそぶく悲しい歌。
しかし、
築かれた氷の宮殿は、
息をのむほど美しい。

人に認められず、
いじけてひねくれていたオタク・クリエイターたちの、
情熱と執念を感じさせる、
鬼気迫る作り込。
変なところで泣けてしまったひとは、
同じ感性の持ち主です。



  1. 2014/05/20(火) 16:34:22|
  2. Cinema
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード