くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

お買いあげ並びに御来場御礼

秋の催事が終わりました。
お買いあげいただいた方々、
御来場いただいた方々、有り難うございました。
初日は会場待ちの行列も素晴らしく、
かなりの売り上げがあったのですが、最終的には余り芳しい額は、
上がりませんでした。
金融関係の不透明感に起因するのか業界特有の問題なのか、
堅固の検証が必要でしょう。
ともあれ、ここでは、
会場に居ての感触と、仕入れた子ネタを少し公開しましょう。

カメラ屋さんに貼ってあったポスターをご覧になった方もいると思いますが、
今回は女性や若い人向けにアピールしようとの意図があったのですが、
会場に女性・ファミリーは現れませんでしたね。
寧ろデパートの方が多かったと思う。
もっと積極的なプロモーションが必要なのでしょう。

今回もコシナーはブースを設けて展示販売を行っていたため、
開発や営業の人と話すことが出来た。
それによると、非常に多品種のレンズを開発しているけれど、
開発レベルでは(当たり前かもしれないが)明瞭に意図を持って、
それぞれのレンズが設計されている。
しかし、その違いのプロモーションは、
つい最近始まったばかりだとのこと。
今月になって、写りの違いをホームページにアップすることが出来た。
今後はその方面に力を入れてゆきたい。  期待したいです。

それにしても、
プリントした写真で見るとレンズの違いは一目瞭然なのに、
印刷媒体でその違いを実感させられたことが殆どない。
出来ないのだろうか?しようとしないのだろうか、
不思議だ。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/28(日) 23:58:24|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エスクァイア日本版11月号

諄いようだけれど、明日からカメラショウが始まります。
3日間だけです。

esquire8011
このタイミングでタイムリーな雑誌が発売された。
本文中の記事によると、ご本家のは今年創刊75周年で、
各国版で最も古い日本版は21年目にあたるという。
数年前に”写真”特集の号を買った覚えがあるが、
今回は2号連続で”カメラ”を取り上げている。

雑誌のカメラ特集は、
いかに”ライカのへその緒”を断ち切るかが肝だと思うが、
今号は上手い切り口を見つけていると思う。
(まだあんまり詳しく読んでないんだけどさ)

巻頭のスティーブン・ジョアのインタビューが面白い。
写真は”構成”で決まるという認識をより強くした。
カメラ好きにも写真好きにも一読をお勧めします。
  1. 2008/09/25(木) 22:36:55|
  2. magazin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

連絡事項に関するお願い

個人的なお問い合わせ事項には、直接メールでお答えしますので、
アドレスを添付して秘匿コメントにてご連絡ください。
相模原仲間のHくん、アドレス無いからメールできないよ。
よろしく
  1. 2008/09/20(土) 01:30:48|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AJCC08

会期末になっての紹介で申し訳ないが、
銀座松島眼鏡2fの松島ギャラリーで2008秋のAJCC写真展が行われている。
クラッシックカメラで撮られた力作が並んでいるので、
ご興味有る方は是非ご覧ください。
”このレンズはこんなにシャープに写るのか。”とか、
”結構甘いレンズなのね・・・”などなど、
1人でちまちま撮っては判らないし、ネットの画像でも掴めないような、
貴重な体験が出来ます。  お勧め。

AJCC08autamn

  1. 2008/09/20(土) 01:26:07|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界の中古カメラフェア2008

秋の催事が有楽町交通会館になって3回目ですが、
今年も9月26・27・28日の日程で、
中古カメラフェアが開催されます。

camerafear08
初日は搬入のため14:00開場、最終28日は搬出のため17:00閉場ですが、
皆さんお誘い合わせの上普段触らないカメラを弄りに、
御来場くださいませ。
私は27日午前中子供の運動会で不在にする以外は、
基本的に会場にいます。
赤いリコーオートハーフの置いてある店で店番してますので、
お気づきの方はお声をおかけください。
  1. 2008/09/16(火) 16:01:30|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

落語百景

生で落語を観たことはない。
落語家とタレントの区別は付かない・・・・・。
って、ネタの使い回しか・・・・?

書店でたまたま手にとって、思わず買ってしまった。
rakugohyakukei
新人物往来社刊:別冊歴史読本”落語百景”
くどいようだが落語には殆ど縁が無く予備知識もないので、
立川談志家元が人間国宝のお弟子さんだったことも知らなかった。
この本は私にとって落語の本と言うよりも、
写真集としてとても魅力的だ。
講座や楽屋の今昔が、生き生きと写し撮られている。
ドキュメントやポートレートの教材としてとても役に立つと思う。

ところで、以前から思うのだが日本の都会の町並みを写した魅力的な写真集を、
私は見たことがない。それは、写した人が居ないのか、町並みに魅力がないのか、
カメラマンに力がないのか、単に私が不勉強で知らないだけか・・・?
農村を撮った味のある作品はいくつも見た覚えがあるが、
銀座も渋谷も新宿、池袋も、何より自分がカメラを提げて徘徊しても、
ちっとも画になるポジションに行き当たらない・・・・。
不思議だ・・・・。
  1. 2008/09/12(金) 00:16:04|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード