くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

All in ONE;Rollei35/4

Rollei35の人気が高いのは何と言っても良く写るからだと思う。

new year08
もっと良い画質で紹介できないのが残念だが、
今年の正月にスナップ下写真を見て驚いた。
カラーネガで撮ったが、デジタルプリントするとより一層鋭さが増す。
40年前のフィルムで十分シャープな画が得られただろう。

tessar40/3.5
3群4枚で開放値をf3.5に押さえた40mmテッサーは、
数あるテッサーの中でも最優秀の部類だと思う。

ところで、このカメラの2カ所の生産地は既に述べたが、
シンガポール生産の初期には、カール・ツァイス銘の入った、
ドイツ製のレンズを載せた機体が有り、一部で珍重されている。
同じテッサーでもシンガポール生産分はカール・ツァイス製ではないため、
”Made by Rollei”扱いになっているが、性能に違いはあるのだろうか?
・・・・・判りません。 何方か教えてください。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/21(火) 22:28:02|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

All in One ;Rollei35/3

ローライ35がドイツからシンガポール製になったことで、
変更されたのは、勿論ファインダーだけではなく、
内部構造の多岐に渡る。
でも、その殆どがメタルから樹脂製への材質変換だったんだな。
だから、このカメラはジャーマニーよりもシンガポールの方が軽い。
以前にも書いたが、使い方さえ間違わなければ、
メタルを樹脂に置き換えても弊害の発生は少なく、
寧ろ、安価に軽くできるので御利益は大きい。
しかし、ファインダーに関しては設計変更によって軽い以上のことが起こる。

G/S finder
右のドイツ製はガラスの固まりにテープを巻き付けて納めてある。
左のシンガポール製は、前後二枚のレンズの間に画角枠を蒸着したガラスが入っている。
シンガポール製の構造は他のカメラにも採用される良くあるやり方で、
特に非難されるような安普請ではないが、それまでの材料よりは明らかにしょぼい。
空気とガラスとの境界面が増える度に反射や屈折が起こるし、
何より、時間が経つと何処かが曇ってゆく。

そう言ったことを全く気にされない方は、
生産国による差違は関係ないと思う。
-----------
  1. 2008/10/20(月) 02:17:20|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALL in One; Rollei35/2

物の本によると、Rollei35には11種類のバリエーションがあるという。
レンズ、露出計、シャッターの違いや特装品などで数が増えたのだろうが、
最も大きな違いは、生産地移転による設計変更だと思う。

garmany singapol
1966年秋に衝撃的デビューした当時は当然ドイツ本国で生産されていたのだが、
’73年からはお家の事情でシンガポール生産されることになり、
その際、ご多分に漏れず大人の事情でいろいろと変更になった。
色々細々挙げられるけれど、ユーザー的に最も大きいのは、
ファインダーのコストダウンだろう。

R35 eyepeice
正面から見ると判りにくいが、
接眼側から観ると明らかにファインダーの覗き口の大きさが違う。
上の画像で右側がジャーマニー、左がシンガポール。
開口部の違いをお分かり頂けると思う。
当然中身は違うわけで、その内容は次回のお楽しみ。
  1. 2008/10/16(木) 10:10:07|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALL in ONE ; Rollei35

クラシックカメラに興味のある人なら、ライカ、ハッセルの次ぐらいに、
ローライの名前が挙がるかもしれない。
それほどのビッグネームの正当なクラッシクカメラなのに、
手頃な値段で手にはいるのが、今回取り上げる”ローライ35”だ。

rollei35 PAHZf
1966年に発売されたこのカメラは、
ご覧のように当時日本で流行していたハーフサイズカメラと同程度に小柄で、
フルサイズの画面を得られ、且つ追針式連動露出計と
シャープなテッサー40/3.5レンズを備えていたため、
その後シリーズ累計で250万台も販売される、大ヒットカメラだった。
同機の登場で、上記のハーフサイズカメラは蹴飛ばされ、
”コンパクトカメラ”と言うジャンルが確立される。

余談だが、同機と国産機(K社のPC35)とが良く比較されるけれど、
全く比べモノにはなりませんので・・・・・。
シャッターが十分正確に作動しないカメラは、
撮影機材としては二流です。

もしも、これまでに”自分で”写真を撮ったことのない人が、
初めてカメラを手にするとしたら、私は迷わずこのカメラをお勧めします。
AEは”露出設定”と言うやっかいな作業から、
撮影者を解放していくれたけれど、
逆にその表現手段を奪ってしまっている。
正確な露出計を内蔵して身近における大きさを備えたこのカメラは、
写真を楽しむための道具としていつまでも使い続けられる、
逸品だと思う。


  1. 2008/10/16(木) 00:23:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月日の流れ

しばらく更新をさぼっていました。
今月に入って一度も書いていなかったね。
しかも先月は一度もカメラを取り上げていなかった。
次回から少しまとまったレポートを入れるので、
今回はウォーミングアップ。

nostalzy
先週の連休は大人しくしていたのだが、
嫁さんが部屋の片づけをするから子供を連れて出かけてくれと言うので、
以前からずっと気になっていた私が生まれた街を尋ねてみた。
40年以上も立つとさすがに記憶が曖昧だが、
国道と工場とお寺の位置関係を覚えていたので、
比較的うろうろしないで探し当てることが出来た・・・・が、
上記3者以外皆跡形もない。
近所の人に伺うと、私が通った幼稚園は随分昔になくなり、
今は駐車場で、お世話になった病院は動物病院になり、
毎日のように通っていた商店街は、路地だけ残って写真のように、
シャッター通りになってしまっていた。
丁度私が息子ぐらいの時に、この道に立っていたと思うと、
妙に感傷的な気分になった。
  1. 2008/10/15(水) 00:27:37|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード