くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

写真屋さんの未来 その3

んん・・・・なかなか更新できない・・・・。

写真屋さんの未来を語るときには、
銀塩かデジタルかを論じるのではなく、
何よりも先ず、”写真の居場所”を作る論議をすべきだと思う。

と言う意味で、会場で質問したのだけれど、
パネルに乗った方々も、
写真を引き伸ばしす楽しさを語り店に飾るまではするけれど、
自宅でどうするかは提案していないし、
”フォトフレームは全く日本に根付かない”と言う現実的なコメントも、
聞かれた・・・・。
実際、カメラ屋である私の知る限り、
日本では写真の居場所よりもカメラの居場所の方が、
遙かに安定している。
集めたカメラのために部屋を借りている人や、
家具を誂えた人の話は何人も聞くけれど、
自分で撮った写真を活かしている人の話はとんと聞かない・・・。

日本には非常に成熟した”カメラ文化”があり、
それに伴って市場も成熟しているけれど、
”写真文化”とその市場が殆ど無いに等しい。
例えば”風景写真”と言う雑誌は、
”写真文化”の担い手のようで実は、
作り上げられた写真そのものの扱いには全く言及していない。
所詮”カメラ文化”の一分野に特化しているだけだ。

そろそろこの状況は変わらなければいけないと思う。

 Change・・・・・・だ。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/29(木) 00:13:21|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

写真屋さんの未来 その2

大統領関連で中入りを入れてしまったけれど、
予告通りこのタイトルでもう少し続けさせていただきます。

今回のイベントは特にフィルム若しくは銀塩プリントの再認識を、
意図してパネルが開かれていた。
res 2
その論拠として永続性を大きく取り上げている。
会場で最も気炎をはいていた鳥取県東伯郡かげやま写真スタジオの陰山さんは、
モノクロプリントこそが写真のあるべき形だという。
お説ごもっともなのだが、私には現状”100年持つプリント”は、
消費者に対して訴求力があるとは思えないのだ。

勿論わたしも家族の写真は自分たちだけのモノで、
ずっと長い間楽しまれ続けていって欲しいと思っているし、
そのつもりで写真を撮り続けてはいる。
しかし、回りを見渡すとそうやって写真を撮り、
きちんと整理・保存している人は、殆ど見あたらない。
res 3
だから、写真屋さんの未来や写真文化を論じるならば、
銀塩かデジタルかではなく、
まず、”写真”そのものが日本人の生活の中に、
どうやったら確固とした居場所を作り上げられるかを、
語り合うべきなのだと思う。

長くなるのでまた次回ね。




  1. 2009/01/24(土) 00:03:03|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラク・オバマ大統領就任演説

YouTubeジャパンランキングで本日上から三番目。
数多の人が評論するに、どんなコンサートよりもすごいと表現する。
政治家にあれほど熱狂できる国民を、
しみじみ羨ましいと思う。

省みるに我が国には”スピーチ”の文化がなかったのだと思う。
”ゴスペル”と言うと、日本ではウーピー・ゴールドバーグが歌ってるのを、
連想される方が多いだろうし、私のそのつもりで見に行ったのだが、
ニューヨークのバプテスト協会で行われていたのは、
基本的には牧師さんの説教だった。
しかしそれは、仏教での坊さんの説教や、校長先生の朝礼とはほど遠く、
日本社会で類似の光景を挙げるなら、
”本番前の意思統一”(やったこと無い人には解りにくいだろうが・・・)
とも言えるほど激しく、盛り上がった後に歌い出してしまう代物だった。

言はペンよりも剣よりもつよし。

オバマは確かに聡明で誠実な人物なのだろう。
しかし、彼を観ていて今回本当に強く思うのは、
政治家、就中リーダーに必要なことは、
具体的な政策を細かく立案することではなく、
先ず何よりも国民の先頭に立って同じ方向を観させることなのだ。

日本政治の不作を嘆いていても不毛なので、
出来ることからはじめよう。
”自分の言葉で語る”
先ず私自身がそう心がけ、
息子の範となりたい。

  1. 2009/01/23(金) 00:11:52|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真屋さんの未来

先週土曜日、東京ミッドタウンの富士フイルムスクエアで、
Re:Sという(”リス”とよむらしい)雑誌の企画で、
このタイトルのトークセッションが開催された。
銀塩写真を重点に置いて、写真屋さんの明るい将来を、
語ろうというイベント。
銀塩写真の将来は私の生活に密着した問題なので、
何とか時間をやりくりして出かけていった。

Re:S

ごくごく大雑把に内容を纏めると。
銀塩写真を楽しむ人はまだまだ多く、その掘り起こしは、
ひとえに写真屋さんのユーザーへの働きかけにかかっている。
フィルム・メディアを受け取ってただプリントするだけでなく、
プリントの希望を聞き出したり、写真への感想を言うだけで、
お客さんの態度は変わりその次のフェーズに進んでゆく可能性はある。
また、店内を工夫すればお客同士のコミュニケーションも生まれ、
更にそれが発展する。

今回パネルに乗った各店の方々は、
皆お客との宴会を行っていたり、その作品を掲げるスペースを設けていた。
つまり、店とお客さんとのコミュニケーションが重要であり、
そこから生まれるコミュニティーが写真という文化を、
成熟させてゆくのだと思う。
逆に短時間低価格で写真関連の受け渡しだけをしているような、
DEP店では他店との差別化は出来ず、
将来的には淘汰されてゆくだろう。

まだまだ、色々あるのが、
この続きは次回に。
  1. 2009/01/19(月) 17:03:49|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あけましておめでとうございます

松も明けてのご挨拶で申し訳ありません。
年末年始はばたばたで、仕事と行事でへろへろ。
やっと、ちょっとだけメール送る時間が出来ました。

samukawa
お年始には寒川大社に行ったのね。
立派なお社で、是非また行きたいと思いました。
年初撮影はLeicaⅢa、ズマロン35/3.5と
Canon30/2.8とを使用。
昨年挙げたようにフルフレームプリントに拘らないのなら、
Ⅲaファインダー無しで35mmレンズで撮るのは、
割り切った構図で楽しめると思う。

さて、年の初めからいきなり告知で申し訳ありませんが。
2月18日から23日まで銀座MATSUYAにて、
恒例”世界の中古カメラ市”が開催されます。
このご時世で、色々大変でしょうが、
せめて一時どっぷりカメラ漬けの時間をお楽しみください。
私も終日会場におりますので、何処かでお声をおかけください。

matuya09

  1. 2009/01/12(月) 21:33:51|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード