くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

貴婦人の中身 その1

このところ、修理と関係ないような内容が続いたので、
久しぶりに内部構造満載のレポートを入れます。

で、いきなり核心部分の画像。
contessa1
1950年に発売されたツァイス・イコンのコンテッサ35は、
ドレーカイル式距離計とデュアルレンジのセレン露出計とを載せた高級機で、
”貴婦人”と呼ばれるにふさわしい”麗しい”カメラ。
だけど、距離計の調整がとてもやっかいで、
この中にツァイスノ大好きなギアーがいっぱいつまっている。

contessa2
ドレーカイル・レンズは、バックテンションを適性にかけないと、
遊びが大きすぎて距離計の追従性がともなわなくなるが、
ギア一つづつ動かしながら確認するのはかなりしんどい作業です。
理屈を完全に理解すると、お客の観ている間にぴたりと合わせられるそうだけど、
私はまだまだその域に達しません。
もしお持ちのコンテッサがあるなら、
よーく観察すると、無限遠ではあっていても近距離で上下がずれたり、
近距離に合わせると指標の距離と実際の距離とが食い違っていたりするかもしれない。
評判ほど良く写らないと思えるお方は、
その辺を確認されるといいでしょう。
距離計とレンズとの連動精度は、その気で確認しないとすぐには解らないことだけど、
案外ずれていることがあります。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/27(土) 17:28:04|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会場で試験撮影 その4

毎度忘れた頃の更新で申し訳ないですね。

3台試写(と言うか3本試写)した内の最後は、
Biometar40/2.0付のロボットⅡだった。

biometarrobot
入手後整備して一回撮ったけれど、
余りぱっとしない撮影蹴っただったので、
そのままお蔵入りしていた。
基本的にこの当時のf2級レンズはボケ玉が多くて、
このレンズもその類だという評判を鵜呑みにしたのだけど、
今回の撮影結果では、
素晴らしくシャープな写真も撮ることが出来た。
会場のお客さんのどアップなので画像を挙げられないのが残念だけど、
かなりいい感じの写真になっている。
しかし、”ねむーい”カットも撮影結果には含まれている。
何故・・・・・・?
もう少し、色々試してみる価値のあるカメラでした。
  1. 2009/06/25(木) 00:29:14|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会場で試験撮影 その2

ゾラゴンの次はロッコール。

minoltina0906
以前取り上げたけれど、今回は開放撮影してるので、
前回よりもレンズの写りが判った。
と言うか、よほどのボケ玉でない限り絞ってしまうと、
そのレンズがどの程度良く写ってくれるかは解りません。
撮影結果はすっきりしていて、
40mmという画角と比較的コンパクトなパッケージと相まって、
もっと人気の出て良いカメラだと改めて認識した。
ここからは、先輩の受け売りなのだけど、
このRokkor-QF40/1.8は後のSummicron40/2.0に発展したそうな。
'64年の発売当時、携帯性を考慮してコンパクトに纏めたのに、
キャノネットやエレクトロ35等のバカデカカメラに押されて、
人気が出ず敢えなく敗退。
そんな逸話を聞くと使ってみたくなるカメラだと思います。
  1. 2009/06/14(日) 23:25:53|
  2. LS-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会場で試験撮影 その2

Kプロすんませんね、更新滞って。

事情通の間では”フィルムメーカーのカメラは良く写る”は定説になっている。
レチナは勿論のこと、小西六のヘキサー、富士フイルムのフジノンも侮れない。
そして、つい先年無くなってしまったアグファも老舗のフィルムメーカーで、
特徴あるカメラ群も開発していたが、
今回挙げるゾラゴン50/2.0付 カラートⅣは、
個人的には徒花的カメラだと思っている。
形態から言えばレチナⅢC当たりの競合機種になるはずなのに、
手元の資料には何処にも乗っていない。
(それほど沢山本を持っているわけではないので・・・・)

karat4
それでも、とても写りの良いレンズだという噂は聞いていたので、
ヤフオフ落札して整備し今回試験うちしてみたけれど、
開放撮影時の緊張感が素晴らしかった。
あんまり綺麗にお顔が写ってしまっているので、
作例としてお見せできないのが残念です。
お詫びに整備中の画像を少し・・・。

karat4inside

ゾラゴンはこのカラートとスーパージレッテにしか載っていない。
このレンズがもっと他のカメラに搭載されていたなら。
アグファ・カメラの評価はもっと変わったモノになっていたと思う。
騙されたと思って試してみてください。
  1. 2009/06/14(日) 01:06:43|
  2. LS-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会場で試験撮影

カメラショウ期間中に発症した足の浮腫が、
未だにとれません・・・・。歳か・・・・?

前回MATSUYAでのトプコン35-Lの撮影結果を踏まえて、
今回からはISO400のネガフィルムで撮影し、
レンズの性能比較を試みようと思います。
大体明るい室内だと、f2.0開放で1/125秒が切れるので、
特徴が出やすいのね。
で、今回俎上に載ったのはこの三機種。

test 3cameras
Agfa KRATⅣ/solagon50/2.0
Minolta Minoltina/Rokkor-QF40/1.8
Robot Ⅱ/Biotar40/2.0
この中で最も印象的なのは、ゾラゴンでした。
  1. 2009/06/08(月) 02:10:37|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お買いあげ並びに御来場御礼

会期が終わってもあたふたあたふたで、
ご挨拶が遅くなりました。
不順な天候にも関わらず御来場いただいた、
皆さん有り難うございました。
お会いできなかった方々、
またの機会をお待ちしております。

comerafair
前回MATSUYA同様景気の影響を受けて、
売り上げ的にはなかなか大変だったのですが、
底を打った感は感じられたような会場でした。

写真学校に近い場所柄若い女性もおおく、
なかなかカラフルな売り場でしたが、
特に、某カメラ屋さんの平台、通称”ふれあい広場”は、
老弱男女取り混ぜて盛況でした。
ケースから取り出してカメラを触るのは、
奥ゆかしい日本人には敷居が高いらしく、
二眼レフなどはとりわけ人気が高かったようです。
でも、一番人気は・・・・”ボルシーB2”でしたね・・・。

では、また次回。
  1. 2009/06/06(土) 11:22:13|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード