くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

今回の使用機材

2年前の中古カメラ市から、
ずっとf2相当レンズの着いたレンズシャッター機で、
会場撮影をしている。
これまでに、クセノン、ウルトロン、ゾラゴン、
トプコールなどを使ったが、
今回はフジノンをラインナップに加えた。

fujica35ml
1958年12月に15900円で発売された、
フジカ35ML。

先輩のブログに依ると、
このフジノン50/2.0は極めて高性能なレンズで、
中心部分の解像度はズミクロンに匹敵するという。
”フィルムメーカーのカメラは良く写る”セオリーを、
地で行く優秀機ということで、
以前から仕入れてずっと整備待ちだったのが、
今回やっと撮影にこぎ着けた。

良く写っています。
ただ、収差補正の傾向なのか、
今回1/60で切っているせいなのか、
トプコール・ゾラゴンほどの、
先鋭な印象が感じられない。
もう少し検証すべき点があるだろう。

ところで、このカメラは”大”富士フイルムが、
発売してその年の”グッド・デザイン賞”をとったのだが、
営業的には失敗作で余り売れなかった。
個人的にはグッドデザインの評価にも首を傾げてしまう。

修理屋の立場として興味深いのは、
シチズンMXVを使っていること。
これは、セイコーシャMXLと異なり、
等間隔シャッタースピードなので、
LV設定が正しくできる。
しかーし、コパルともセイコーとも異なる、
このシャッターは今ひとつ動きがへんてこりんで、
特に高速側は明らかに遅い。
今回の個体は明らかに、
他の2社製品とか異なる理由で、
作動不良を起こしていた。
安かったんだろうね・・・・。

sitiznMXV

ビテッサに似たノブ式距離あわせは、
グリップを付けて慣れると比較的快適だけれど、
ヘリコイド回転のような滑らかな操作感は得られない。

RFのブライトフレームは一応動くけれど、
樽型をしていてフレーミングはアバウト、
微調整機構がこなれていないため、
完全なセッティングがかなり難しい・・・。

非常に高性能なレンズを装備しながら、
それを生かし切るだけのボディーに恵まれなかった、
カメラと言える。
それに国の賞をとらせて売ろうとするところに、
ここの会社の魂胆が見える。


とは言え、
中古市場での評価は低すぎ、
撮った人が上がり写真を見れば、
もう少し人気が出ても言いカメラだと思う。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
スポンサーサイト
  1. 2010/02/27(土) 01:26:14|
  2. LS-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お買いあげ並びに御来場感謝。

毎度、催事が終わるとほっとします。

201032ndcamerashow

お陰様で、売り上げは昨年を上回り、
期間中何度か、目標達成の度に、
ファンファーレ代わりのベートーヴェン9th4楽章が、
催事会場に流れました。
しかし、景気のいい話ばかりではなく、
参加店の中には昨対を大幅に減じた所もあり、
悲喜こもごもと言った感じです。

印象的だったのは”銀座”の土地柄。
渋谷・有楽町とは全く違う売れ筋で、
昨年あれだけ引き合いのあった、
アドヴォケイトは売れ残り、
高額でも筋のいい品物が、
お客さんの目に留まり引き取られてゆきました。

私の成果は、殆ど無し。
売り場が忙しく、会場をつぶさに回る時間がなかったのと、
手元不如意で弱気になったところへ、
遠慮その他で迷っているうちに、
目当ての品は全てさらわれました。

今回の売り場を見る限り、
商品価格は明らかに下がっています。
と言うよりも、お店が弱気になっていて、
特に要整備品は投げ売り状態で、
明らかにヤフオフよりも低価格。
修理屋にとっては追い風なのに、
なかなか自由にならないのがもどかしい。

6月には東急東横催事があるけれど、
それに備えた商品構成を、
各店は用意することになると思う。
逆に、お好きな方々には、
今銀塩カメラは買い時だと思う。

  1. 2010/02/25(木) 00:35:25|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第32回世界の中古カメラ市

今更のように差し迫った告知で恐縮ですが、
来週2月17日から恒例のMATUYA中古市が、
開催されます。


32matsuya
今回はフィルムのサービスや
各種セールなどの企画もあるので、
お時間おありの方は御来場ください。
たっぷりアナログ機械につかる
時間をお楽しみください。


  1. 2010/02/12(金) 12:07:26|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公開修理 おまけ

依頼者に修理上がり品を発送する前に、
試し撮りをしてみたのだけど、
そこで大変興味深い結果が得られた。

j50/1.5lenses
ステレオ写真ではありません。
カメラに着いていたCanon50/f1.5と、
同スペックのレンズとをとり比べてみたのがこの画像。
毎度スキャナニングでないので解らないとは思うが、
発色は勿論のこと、ピントの深さが全く違う。
どちらもfi.5の開放でブロンズ像の顔に、
ピントを合わせて撮っているのに、
左の写真は顔の部分にだけ、
右の写真は腹の辺りにまで焦点が合っている。
師匠に依れば同じ開放値でも被写界深度は、
レンズの設計によって異なり、
良質なレンズはより深いという。
お高いレンズは伊達でないのだ。
ただし、特性を知って使いこなすには、
このような具体的な経験が必要で、
ただ持っているだけで悦に入っていても、
意味無いけどね。
  1. 2010/02/12(金) 12:02:24|
  2. FP-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公開修理 7

とっくに修理は完了していて、
既に試写も終わり。
依頼者に発送済みだけど、
まだまだ続いているこのネタ。

ある意味最も魅力的なカメラの部品は、
”緩速装置”だと思っている。
これね
slowgabener1
1/25sec以下のスローシャッターは、
全てこの機械のお世話になる。
組み上げるとこう・・・、
slowgabaner2
最も大きなギアの中に、
ドグクラッチが仕込まれていて、
無段階にラチェットする。
きれいに組み直してジーコロジーコロするだけで、
癒される・・・・

で、感性像はこんな感じ。
canon4sb12

綺麗だな・・・・・・。
  1. 2010/02/05(金) 01:52:29|
  2. FP-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公開修理 6

お待ちかね、メインイベントの幕交換に入ります。

4sb7
ドラムを外さない方法もあるが、
今回は抜き取って洗浄した、
やはり、ゴムの中間層は劣化が進んでいて、
絹幕との剥離が始まっていた。

4sb9
ご覧のように手前に置いた後幕は、
ゴム部分が剥がれて、
二枚卸状態に・・・・。
先幕の痛みは後幕ほどではないが、
当然どちらも交換する。

4sb10
ドラムに付着した接着剤はきれいに拭き取る。
シャッター破損で多いのはリボンの切断だが、
絹のリボンはゴム等の樹脂製品と比べ
(上記の幕状態でも解るように)、
遙かに劣化が少なく通常の使用環境では、
滅多に交換の必要はない。
ただし、フィルムの破片が入り込んだり、
組み込み不良で何処かに接触しながら、
シャッター開閉を繰り返したときに、
摩滅・断裂を起こす。
今回は、非常によい状態で保存されていたため、
リボンの交換は行わなかった。

4sb11
師匠のように一発で決められない私は、
こういう方法を執っています。
(みる人が見ると判りますね・・・)
それでも、ぴったり真っ直ぐに貼れると、
気持ちよい。
(そうしないと、正しく動かないが・・・)

シャッター作動は非常にデリケートで、
幕厚の変化に伴う巻き取り量の狂い、
質量変化による速度の狂いなどなど、
様々な要素を適正化した上で、
最後に幕テンションの引き絞り量を決める。
従って、幕に穴埋め材を塗布したり、
片幕だけを交換したりなど、
簡便方法で修復しても、
長期的には必ず作動不良を起こす。
逆に、十分な修復措置を施せば、
2~30年は元の状態に近い機能を維持する。
この仕事をやっているとしみじみ、
”なおすつもりで作られたモノを扱えるありがたさを”
実感する。
使い捨ての製品は高機能だが、
使う人の能力を貶めるような気がしてならない。






  1. 2010/02/02(火) 12:10:39|
  2. FP-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード