くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

Ⅰ型二題

相変わらずバタバタの更新です。
年末進行に加え、PCのキーボードが一時的に効かなくなり、
真っ青になるも何とか回復。
色々書きたいことがあるけれど、
これが年内最後のアップになります。

leica1type
先日やったのが、
ライカの中で最もシンプルな”スタンダード”と、
それにシンクロの載った”Ⅰf”。
これまで幕交換は沢山やったけれど、
このタイプは初めてだった。
廉価版なのだから楽な仕事と思われるかも知れないが、
決してそう言うわけでなく、寧ろとても良い勉強になった。
幕交換を収得するのならば、このタイプから始めるべきなのだ。

緩速装置の入らない機構は、
幕の動きがシンプルに現れる。
修理者は始点終点の位置と動きとを、
直感的に認識できなければ、
本来あるべき形に納めることは出来ない。
それは、文献から読みとれない、
体験を元にした感覚で、
それこそが”職人の技”なのだと思う。

逆に年輩の修理者でも、
それが身に付いていなければ、
正しく調整することは出来ないし、
不調を見落として、
納品直後の返品を食らうことになる。

年の終わりによい経験が出来た。
来年も基本を見いだし、
それを身につける一年にしようと思う。

皆さんも、
良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト
  1. 2010/12/29(水) 23:57:12|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャノンRFで最小生産台数のカメラ

・・・・はどれでしょう?


答えは。
canon5l1
細々バリエーションの多いCanonRFの中でも、
Ⅴ型は特に多くて7種類もあるが、
その中で最も少ないのがこのⅤL型。
この当時はトリガー巻き上げを上位機種としていたので、
最上位機種のⅤTからセルフタイマーと1/1000を除いた、
L2と比べて、レバー巻き上げでトリガー式と同等の機能を備えた、
この機種は一年半も経った後だった。

この次のⅥ型ではバリエーション展開を止め、
しかもトリガー式よりもレバー巻き上げの生産台数が大きい。
で、画像のⅤLは三千三百台程度と言われている。
ⅤTデラックスよりも僅かに少ない希少種です。
余り注目されないのでどうでもいいのかも知れないが・・・。


ところで、
画像のカメラは整備済みの試験撮影を控えた状態だけど、
一カ所オリジナルと変えてあります。
これの方が圧倒的にいいと思うのだけど、
どうでしょね?
  1. 2010/12/13(月) 00:16:37|
  2. FP-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のお気に入り

この仕事をやっているとついつい増えてしまうのが、
カメラ。
特に
テストベットしてどうしてもレンズ交換式のボディーは、
増殖する。
当然M42マウントもそろえるのだけど、
接客するときはペンタックスが一番いいとお話ししている。
十分な機能と手頃な値段がその理由。
でも、趣味で使うならこんな機体もいいと思う。

pentaconfm
始祖はツァイス・イコンのコンタックスD
その後、ペンタコンDと名前が変わり、
更に改良が加えられFMとなった。

一部知られているように、
幕やミラーをひもで引っ張っり、
シャッターダイヤルがレリース後に、
ぐるぐるするのもご愛敬だった得意な機構を引き継いだ上、
スプリットイメージのファインダー、
自動絞り機構を備え、
操作性を格段に進歩させている。
更に、バカに出来ないのは、
カウンターの供回りに配慮した
巻き上げノブの形状変更。
東欧のカメラで唯一改良されたと言っていいのじゃないか?
とかくあそこは、
機械は退化するからね・・・・。

コンタックスDは、
歴史的モデルとして少々値が張るけれど、
操作感を楽しむのならば、
こちらの方が遙かに優秀だと思う。

  1. 2010/12/08(水) 15:25:09|
  2. FP-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリエンタルランド値上げ

毎度の事ながら、
もたもたの更新で失礼。

色々書きたいことはあるンすけれど、
ついつい愚痴っぽくなり過ぎてしまい、
掲載が憚られるので、
更新を見合わせてました。
まあ、ぼちぼち再開します。

orientalland
今朝の新聞記事。
文面にもあるけれどこのデフレの世の中に、
随分強気な運営と思われるだろうけれど、
某箱根の巨大温泉施設と同程度の入場料な事を考えると、
全然お値打ちでしょう。

TDS1011
実は先月”シー”に行って来たんスよ。
場内は5年前の前回よりも更に作り込まれていて、
建設中の建物が次の発展を期待させ、
スタッフのホスピタリティーも充分、
文句の付けようがないはずなのだが・・・・・、
食事だけが・・・、どうにもがっかりな内容。

場内でキャストのお姉さんと話せる機会があって、
そう水を向けるとご本人達にも了解事項なそうな・・。
毎回契約更新時にオーディションを受けるダンサー達の、
あの必死な笑顔と、
内装にこりまくったダイニングで出された皿のギャップに、
目眩がしてしまうのもディズニーマジックなのか・・・?

何かを人質に取ることが、
如何に人の発想を停滞させるのかの
最も解りやすい症例だと思う。
この会社に死角があるとしたら、
案外その辺で、
そこを突かれると、
以外と脆いかも知れない。

  1. 2010/12/03(金) 17:45:07|
  2. TOPICS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード