くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ロボットのフィルムケース

ロボットは以前にも取り上げた、
特殊カメラなのだけど、
24×24mmの真四角カメラとしては、
一番安定した性能を持っていると思う。
このカメラの使用上の問題は、
機械的な性能ではなくて、
普通にフィルムをポンと入れただけで、
直ぐにとれるタイプが少ないと言うことなのね。

robot201102
以前先輩から譲っていただいたときに、
立派な解説書も付けて貰い、
そこにはロボット各型の解説と、
フィルムケースの照合表が付いていたのだが、
今ひとつ良くわからない。

robot201101

今回ひょうんなことで、
ロボットカセットが纏めて手に入ったので、
この機会に整理しておこうと思う。
robotcasette

ロボットⅠ
 ”K”カセットを使用。
  このカセットは送り・巻き取りの区別無し。
ロボットⅡ
 ”T””N”カセットを使用。
  ”T”カセットが送り側、”N”カセットは巻き取り側。
  但し、”N”カセットを送り側に使用可。
  また、巻き取り側の”N”カセットには、”ロボットスプール”が
  必要だが、”T”カセットには通常パトローネのスプールを使用可。
ロボットⅡa、ロボットジュニア
 送り側に”T”カセット若しくはコダックパトローネを用いる。
 巻き取り側は”N”カセット。
 発売期間の違いによる名称変更機種。
 但し、ジュニアには側方ファインダーの切り換え機能が省略された。
 取り終えた後、ダークパックでフィルムを取り出し、
 パトローネにフィルムを巻き戻すのが正しい使い方・・・・、だそうな・・。
 確かにそうすれば、貴重な”N”カセットを幾つも持たずにすむ。
ロボットスター
 コダックパトローネと”N”カセットを使用。
 巻き戻し機能が付いたため”T”カセットは使えない。


スポンサーサイト
  1. 2011/01/28(金) 01:00:24|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タキソナ その二

前回整備したタキソナでの、
撮影結果を挙げてみる。

taxona20111

taxona20112

taxona20113

37.5/f3.5のTessarを鏡胴繰り出しで使っているのだから、
前玉回転式のローライ35Tよりも、良く写るはず・・・。
実際非常にシャープで、
”カメラ日和”的なほんわか写真にはなりません。
これだけ良く写れば、
人気が出て当然だね。



さて、  風邪ひきました。
インフルエンザだったようです。
ワクチンをうっていたので、
熱が上がりきらず判断に迷ったのだけど、
陽性反応出た方の症状と全く同じだったので、
間違いないでしょう。
強烈な寒気がします、
体中が痛くなります、
熱が出て床につきます。
一週間体調の乱高下を繰り返し、
結局風邪薬だけで快復しました。


皆さんもお大事に。


  1. 2011/01/19(水) 23:14:26|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一から作らなければならないカメラ"タキソナ”

入荷の度に私に回ってくるカメラが、
何種類かある。
年間5台近く担当しているので、
多分これまでに数十台は整備したのだろうが、
今回の機体でやっと満足できる結果が出来た。

これまで、
整備完了直後に作動不良を起こしたことが、
再三あったのだけど、
今回子細にこのカメラの機構を観察すると、
そこら中に”故障の元”が見つかった。

tempormecha
日本の低価格カメラにもよく見られることだが、
東欧のカメラは機械内部のそこかしこに、
”トゲや歪み”がある。
しつこいようだけれど、
機械の性能を決めるのは、
”材質と加工精度”です。
粗悪な材質の上に、キャストで抜いたまま、
切削加工をしなければ滑らかに動くはずがない。
不安定な動きを調整するためには、
本来製造者が行うべき作業の付けを、
修理屋がかぶることになる。

taxona1
”真四角カメラ”として人気の、
ツァイス・イコン”タキソナ”。

巻き取りスプールに特殊な加工をして、
(本当はロボットと同じように、
 巻き取りはフィルムケースで行います)
機構全体をブラシアップすれば、
フィルムの途中でロックすることはありません。
重い巻き上げのママ使い続けていると、
本当に直せなくなってしまいます。


苦労してお使いの方は、
整備をご検討ください。




  1. 2011/01/11(火) 13:00:37|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の最頻度機材

遅まきながら、おめでたい画像をアップします。

2011010101

2011010102

ここ数年、毎年元旦にお参りしている寒川神社。
神奈川県内では最大級の神社でしょう。
(川崎大師と鶴ヶ丘八幡宮は別格ね)
関東平野のはじっこにぽつんとある立派な社殿が魅力。
殺人的混みようの鎌倉の社と違って、
田舎の駅からとぼとぼ、でも普通に歩いてお参りできる。
一見の価値ありです。

ところで、今回持ち込んだのはこの機材。

m42-28/28*2
昨年紹介したPentaconFMとM42の二本。
AOUT CHINON28/2.8とPALLAS28/2.8。
チノンはともかくパラスは正体不明だけど、
どうやらソリゴールのようだ・・・。
とすると、富岡レンズと言うことになるが、
何方かお知りなら教えてください。

何れも、某委託のお店のジャンクで一万円しません。
(含:私の工賃)
レンズの油と絞りの粘りを取ると完動・感動。
安いレンズでも侮る無かれ以外に良く写る。
これらの広角とペンタコンを組み合わせると、
山の取りにくいピントと相まって、
ものすごい当たり外れの激しい写真が撮れる。


決してお仕事には使えないけれど、
間違いなく楽しめるカメラです。



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/11(火) 10:43:50|
  2. FP-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年明けましておめでとうございます

ny2011
横浜は穏やかな年明けで、
子連れ初詣も凍えることなく、
終えることが出来ました。
カメラ屋さんが正月休みで、
現像が出来ず、写真はなしね。


年初の話題で面白いと思ったのはこれ。

nynp201111
日頃新聞を読む時間がなかなかとれないなか、
元旦くらいはとぺらぺらやると、
出版社の一面広告の数に驚いた。
大手は殆ど載っている。
その中で最大のインパクトを受けたのが、
集英社のそれ。
おいおい、元旦からこれかよ、な一枚。
ベトナム戦争取材中の開高健が戦闘に巻き込まれ、
ジャングルの中で死にかけた直後に、
同行したカメラマンと撮り合った有名な一葉。

事実を人に伝えるために、
出版社は存在するという、
強烈な宣言を感じる。

それに比べると、
ほかの会社は皆腰砕け。
学習誌会社が漫画専門誌を出せないために、
子会社として始まった集英社が、
親である小学館を凌駕した紙面だと思う。

私も今年は、
成すべき事を真面目に成就する一年にしたいと思います。
  1. 2011/01/02(日) 08:15:45|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード