くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

最近読んだマンガ

救いのない本を紹介してしまったので、
今度は救いに溢れた本を紹介しようと思う。

umimati4
吉田秋生作 
”海街diary4:帰れないふたり”
小学館刊 

吉田秋生は”BananaFish”や”Yasha”など、
アクションを交えたエンタテイメント作品が、
広く知られているが、
ここでは、軍隊も特殊研究所も登場しない。
両親を失い、
東北の温泉町から
鎌倉の異母三姉妹の元へ移りすんだ少女の、
日常が淡々と描かれている。

ヒロインの置かれた特殊な立場を軸に、
家族、チームメイト、同僚、そのた、
あらゆる結びつきを持つ人々の、
それぞれの思いやりを読み解くのが、
たまらなく心地よい。
うちの息子も、
こんな心根の少年に育って欲しいと、
願ってしまう。
そして、子供達を見守る大人達が、
より一層美しい。
飲んだくれでも、偏屈でも、
地域にしっかり根を張って生きている、
市井の人々の営みを、
私も見習おうと思う。

皆それぞれに悩みを抱えているので、
ここに描かれる世界が”楽園”とは、
言い難いのだけれど、
人の絆が失われた”地獄”よりは、
それに近いと思う。

世の中にちょっと疲れた人には、
お薦めの一冊です。

スポンサーサイト
  1. 2011/08/24(水) 14:33:02|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近読んだ本

あの暑い最中、
こんな暑苦しい本を読んでいた。

mowrevorution
”毛沢東の大飢饉”
フランク・ディケーター著
 中川治子訳 草思社刊

帯にあるように4500万人を失う飢饉とは何なのか、
書店で手にとってそのままうちに持ち帰り、
ずっと読みふけってげんなり・・・・。
ここに書かれている事実は、
紛れもない地獄です。

1958年から1962年にかけ、
中国共産党は”大躍進”と称する、
大増産キャンペーンを展開し、
その誤った指導により
結果的に国土と人心を徹底的に荒廃させ、
6億8千万人あまりの人口のうち、
上記の数の人々を失った。
餓死が大半だが拷問・自殺・疫病死等々、
ありとあらゆる不自然死がこれに含まれる。

途方もない数なので、
にわかに想像も出来ないが、
先の大戦で失われた日本の人口が、
大雑把に計算すると4.2%であるのに対し、
この中国の災厄は6%を越える。
原爆も焼夷弾も銃撃戦も無しに、
国のミスリードでこの数字はすさまじい。

図・写真を廃してひたすら文章で、
披瀝される事実の数々は、
結果的に新たな疑問を呼び起こし、
何の解決ももたらさない。
しかし、圧倒的な事実は、
人としてやってはいけないことだけは、
教えてくれているような気がする。

地獄の地獄たる所以は、
人の絆の喪失に他ならない。
”娑婆の収容所”と嘆き合った、
会社勤めの経験がある私には、
同僚同士が監視し合う狂気の緊張感がよくわかる。
本書を本当に読み解くべきなのは、
TEPCO、JAL、JR西日本等官僚主義が、
中枢に回った企業の人々なのだと思う。




  1. 2011/08/21(日) 22:49:14|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

横浜は雷雨の後、
久しぶりにエアコン要らずの晩。
恒例、カメラショウの告知です。

201108takashimaya
8月23日から29日まで、
新宿高島屋11階催事場にて、
”第三回新宿クラシックカメラ博”が開催されます。
いつものようにライカショップは出店するし、
昨年から始まったカメラクリニックも開設、
週末にはイベントも開かれます。
以前銀座松坂屋で開催されていた催事ですね。
私は売り子に立ちませんが、
知り合いが多数売り場にいるので、
皆さんお誘い合わせの上、
御来場ください。

そして・・・・、
201109yurakutyou
立場的にはこちらが本命。
ICS秋の企画、
”世界の中古カメラフェア2011”が、
9月23日と24日の二日間、
有楽町交通会館12階ダイヤモンドホールで、
開催されます。

昨年までは3日開催だったのが、
今年は2日に短縮され、
金・土曜日開催なのでご注意ください。

売り場に立つ身としては、
会期が短くて楽なのですが、
売り上げはどうなるやら・・・・。
有楽町での催事は、
今年が最後との噂があります。
来年二月のMATSUYAまで随分日が空きますから、
是非皆さん御来場ください。

  1. 2011/08/20(土) 00:42:53|
  2. Exhibition
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの問題

前回の話題に続けて、
レンズの問題について簡単な解説をします。

レンズの状態で先ず問題にされるのはキズですが、
最前面に数条キズがあったとしても、
画質にはそれほど大きな影響は出ません。
勿論、そのキズが光を拾って、
ハロが出てしまうこともありますが、
ここで問題にしている画質とは、
異質の物と考えます。

画質に影響するレンズの問題は、
何よりも先ずクモリです。
キズは問題ないとしましたが、
無数の細かいキズが表面を覆い、
白くなっている場合も、
一種のクモリと見なします。

レンズにクモリがある場合、
それがどの部分であっても、
本来の解像度は得られません。
つまり、
クモリ部分で光線が分散されてしまうため、
きれいなエッジが立たなくなるのです。

クモリの原因としては、
上記の細かいキズ、
油分・カビ等様々な異物の付着、
コーティングの劣化、
ガラス含有物質の析出などが有ります。
この内、清掃で取り除けるのは、
付着した異物だけですが、
大部分のクモリはこれなので、
かなりの問題は解消可能です。
逆にそれ以外の原因によるクモリの
根治は不可能です。
カビそのものは拭き取れるのですが、
コーティング面を侵していることが多く、
跡が残ったり、表面が荒らされ、
クモリが取りきれないケースも頻発します。

また、”試写済み、画質に影響なし”という、
表現もよく見受けますが、
本来の性能をよほど熟知している方でないと、
”影響”を確認するのは難しいでしょう。
あまり軽々しく使わない方がよい表現だと思います。

最後に参考までに、
コンテッサ35のTessar45/2.8で撮った、
サンプルです。
20110814


  1. 2011/08/18(木) 16:02:47|
  2. Lens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あづくて~・・あづぐて~~~

仕事が全くはかどらないので、
気分転換にブログ更新。
前回のコンテッサに絡めて、
カメラ入手時の注意点をもう一つ。

それは、
誰でも気にするレンズのクモリ。


大概の人はカメラ・レンズ購入を検討するとき、
手にとってレンズの状態を確認します。
しかし、
レンズのクモリは解る人がみなければ、
なかなか判りません。
勿論、”判るようになる”ために特別な修行は要りませんが、
全く経験のない人には見えないのです。
更にやっかいなのは、
一口にクモリと言っても、
拭いて取れる物と取れない物があり、
最も微妙なレベルでは、
ベテランのプロでも判断できないことです。
(基本、プロはこのグレーゾーンを仕入れないか、
  修理不能品として評価します)

従って、
ネットオークションに
上記経験のない方が出品したカメラは、
レンズの状態評価の信憑性が著しく低く
高く見積もっても要修理品、
若しくは修理不能の部品と考えるのが、
妥当だと思っています。

カメラ屋さんや、
カメラの取り扱い履歴を多数持つ方の出品でも、
レンズの状態評価は微妙で、
ノーリターンを前提にしている出品者に対しては、
相当に慎重な判断が必要でしょう。


contessaTessar
以前落札したコンテッサ35のTessar45/2.8です。
右上から時計回りにG1・G2・G3。
G3レンズのコーティング剥離が判るでしょう。
勿論これが原因で像を結ばないことはないのですが、
少なくともシャッターをバルブにしてレンズを除いたときに、
完全な状態ではないことは見て取れ、
”残念”な気持ちにはなるでしょう。
(”気にしない”ことが、
  健康的にある一番の方法なのですが・・・)

今回手元のコンテッサ35を点検すると、
結構レンズの痛みを確認しました。
テッサーは比較的痛みの少ないレンズなので、
意外でしたね。
前回UPのガタ同様、
レンズ点検も定期的に行うことを、
お勧めします。








  1. 2011/08/15(月) 16:30:10|
  2. レンズシャッター距離計付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ~つ~い~~~~

暑い暑いなか、
盆休みもなく仕事仕事・・・・。
わけあって、
コンテッサ35二連ちゃん。
ところが、そのうち一台がこんな状態に・・・・。

contessa35A
ジャバラカメラの前扉部分は、
通常外しません。
これは、コンテッサ・イコンタといった、
ツァイス・イコン製カメラだけでなく、
レチナ、ビトー等他社のみならず、
全てのスプリングカメラ整備に共通する基本です。
多少動きが悪くても、
ジョイントにベンジン注して洗い、
注油すれば大概は改善します。
しかし、
前蓋を引き出し撮影状態でロックしたとき、
少しでもガタがあった場合は。
この部分を取り外して各部を点検し、
変形部を調整してやらなければなりません。
ガタによってフィルム面とレンズとの位置関係に、
ズレが生ずると良好な写真は絶対に撮れないからです。

この個体は、当たり擦れのない、
非常にきれいな機体だったのですが、
整備完了後、問題を発見しました。
前蓋は完全に固定できるのですが、
レンズボードが僅かに動くのです。

本機に限らず、
スプリングカメラを点検するときは、
レンズボードのがたつきを、
必ず確認してください。
スプリングカメラは撮影状態で、
前蓋・レンズボード回りに(落下など)強い力が掛かると、
ロック部分が変形しガタが生じます。
購入検討時に確認するのは、
言うまでもないのですが、
手持ちのカメラも以外とおかしくなっているかも知れません。
僅かな動きをとるだけで、
そのカメラの写りは全く変わります。
お試しあれ。


  1. 2011/08/13(土) 00:48:18|
  2. レンズシャッター距離計付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード