くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

エリオット・アーウィット

MATSUYA銀座世界の中古カメラ市絶賛開催中です。

ですが、今回のお知らせは
お向かいのシャネル銀座にて開催中の、
”エリオット・アーウィット写真展”
http://news.madamefigaro.jp/interview/post-1237.html

明らかにライカⅢaで撮られたパリや、
6×6フォーマット等々、
形も大きさもそれぞれだけれど、
トーンをそろえられたモノクロ写真が、
心地よく彼の地を語ってくれます。

入場無料。
29日までなので、
お早めにどうぞ。

エリオット・アーウィック2012
スポンサーサイト
  1. 2012/02/27(月) 23:42:44|
  2. Exhibition
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界の中古カメラ市

銀座松屋にて現在絶賛開催中。
お陰様で、
二日目時点でかなり盛況な入場を頂いています。
売り上げ的には、
もう少し頂きたいかな・・・。


明日は恒例のサタデーサービス。
藤沢商会のジャンクカメラはないけれど、
三共カメラのジャンクはかなり期待できるとの噂。
ラッキーもジャンクカメラを大量放出するけれど、
昼頃まで蓋を開けないそうです。

皆さんお楽しみに。

  1. 2012/02/25(土) 00:01:12|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイアル35 その3

今回皇室の治療に当たって、
執刀された外科医師が、
”陛下の公務復帰をもって手術の成功”
と言うコメントをされていた。
それはかなり控えめな表現で、
単なる公務復帰だけでなく、
相当期間の安定的日常生活の保障を、
前提に相当な処置を施していると思う。

カメラの修理/整備も治療と同じで、
一時的に動くようにしただけでは、
何の意味もなく、
前回の整備から今回まで、
或いはそれ以上の期間に渡る将来、
正常に動き続けるための処置を行うのが、
まともな修理屋だと思う。
裏返して言えば、
機械式カメラはきちんと整備していれば、
一年や二年の通常使用では不調を起こしません。
(”全て”と言い切れないところが、
 微妙なんだけどね・・・・・・)

ダイアル35を、
使ってみれば解るけれど、
機械的な欠陥もなく、
3群5枚の28/f2.8レンズ(40mm相当)は、
非常にシャープな写りで、
個性的な外観と相まって、
とても魅力的なカメラです。

しかし、
それを楽しむには、
十分な整備が前提で、
それには当然コストがかかると言うことを、
理解してあげて下さい。

外観がビカビカでも、
フィルム室のモルトがべとべとでは、
レンズが曇っている可能性が高く、
そのうち不調を起こすでしょう。
一見モルト交換済みでも、
ファインダーが曇っていれば、
分解清掃は成されて居らず、
本来の性能を将来的に発揮するのは、
難しいでしょう。

店がカメラをどう扱っているか、
ユーザーが見分けるための基準とは、
つまるところ、
”保障内容”なのだと、
私は思います。
  1. 2012/02/21(火) 01:59:03|
  2. ハーフサイズカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイアル35 その2

このカメラの悩ましい部分は、
劣化モルトを取り除いた後の処理。

わざわざ目留めしているわけだから、
再度きちんと塞いでやらなければ、
当然漏光して写真にならない。
モルトを元と同じように張り直すのが、
一番簡単なのだけど、
将来的に必ずべとべとになる材料を、
またぞろ入れるのは、どうも釈然としない。
これまで何台も整備してきたけれど、
その都度この部分で逡巡してきた。

そこで今回は、
紙でバリアーを作ることにした。
Dial35Mecha3

ギアやシャフトその他諸々の乗った、
スプロケットのベースに合わせて、
現物あわせで紙を切り抜き、
バリアーを作る。
これだけで半日かかる。


  以下次号
  1. 2012/02/21(火) 01:20:13|
  2. ハーフサイズカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイアル35

Dial35Mecha4
とっくの昔に取り上げていたと思っていたら、
今回初めての題材だった、キャノン・ダイアル35.
これは1963年発売の1型。
1968年に電池の形式を換え、
外観を変更した2型になり、
輸出仕様はベルハウエルとのダブルネームだったりするけれど、
今回はメカの話。

はっきり言って、
修理屋泣かせのカメラです。
カメラ修理関係の記事では再三挙げられているけれど、
このカメラは、アルミシェルが機械部を挟み込んだ、
最中構造になっていて、その”かわ”と”あんこ”の間、
及び、あんこの中の至る所に”モルトが貼ってある。
Dial35Mecha1
工場出荷から既に40年以上経っているため、
遮光材は全てべとべとの鳥もち状になっており、
整備は最深部まで分解し、
劣化したモルトを全て取り除くことから始まる。
取り損なったべとべとが、
シャッター羽や絞り羽、AE機能の作動部に付着すると、
それだけで動かなくなり再修理に追い込まれるから、
清掃は徹底的に成されなければいけない。

 以下次号


  1. 2012/02/21(火) 01:03:49|
  2. ハーフサイズカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芳賀一洋の世界

友人からクラブ展に出品すると告知を貰ったので、
今夕会場にお邪魔した。
hagaitiyou201202a

芳賀氏の作品は、
画像にもあるように、
”シャドーボックス”ともディオラマとも違う、
プラモデル等の既存素材をあまり用いない、
作り起こしたパーツの集合体としての、
”立体絵画”と呼べる独自の造形作品だった。

それは、
1940年代のパリの町並みを再現した、
連作フレームであったり、
運転機能を廃した引き込み線のレイアウトであったりと、
独特の詩情が模型好き少年だけでなく、
全ての人を引き込む。
かなりのロマンチストだと思う。

ご本人ともお話しできたが、
気さくな人柄でついつい色々伺って、
お時間をとらせてしまった・・・。
もっと色々聞きたかった・・・。
講師を務められているクラフト教室の、
生徒さん方がクラブ展として出品されており、
そこでも色々説明を受けた。
時間が経つのを忘れます。

有楽町駅前、入場無料、内容満点。
行かなきゃ損。

hagaitiiyou201202b
  1. 2012/02/14(火) 22:51:17|
  2. Exhibition
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード