くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ローライ35の良くできた

このカメラの設計がとても優れているのは、
各部がユニット化されていて、
生産のみならず整備性も
非常に高いことだ。

Rolleii35f

Rolleii35g
露出計とレンズユニットは、
比較的簡単に本体から分離でき、
修理に手間取る場合は、
交換で対応できる。
勿論、パーツを豊富に抱えていればの話で、
メーカーが直ぐ後ろに付いていない市井の修理屋や、
既に期限が過ぎてしまった修理は、
色々な方法で対応することになる。

それにしても、
この形の中に、これほどの機能を納めてしまう設計は、
見事としか言いようがない。
実は、シャッターの駆動機関は、
ダイアルが二つ並んだ前面とその奥の筐体との、
壁の隙間に納められている。
知れば知るほど凄いカメラだと思う。

 以下次号。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 20:42:21|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ製の機械

ドイツ製のファインダーについては、
以前取り上げているので割愛するとして、
今回は内部機構を解説します。
結論から先に言うと、
ここでも下蓋と全く同じ事が起こっています。

Rolleii35e
左側がドイツ製、右側がシンガポール。
ドイツ製は露出計をシンガポールはファインダーを、
それぞれ外してしまっているので、
一見して比較が難しいかもしれないが、
中心近くにあるギアが左は金属、右は樹脂で出来ていることが、
お分かり頂けるだろうか?
よく見るとその下にあるL字型のパーツも、
シンガポールでは金属から樹脂に変更されている。
この部分は、巻き上げレバーの動きを、
フィルム送りスプロケットに伝える輪列なので、
シャッターチャージと異なりそれほど大きな力は掛からない。
僅かであっても重量は落とせるので、
間違った変更ではないが、
樹脂故に”割れ”と言う事故は、
起こる可能性がある。
このころから、
カメラという物のあり方が、
変わってきたのだろう。

 以下次号
  1. 2012/04/26(木) 23:34:59|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rollei35ドイツ製

一言にドイツ製Rollei35と言っても、
大きく分けると2種類あり、
一方を最近では”初期型”と言っている。
識別点は下蓋にある。
Rolleii35c
クロームモデルが一般的なタイプ。
ブラックモデルはロックキー形状が異なり、
”小判型”をしている。
勿論ドイツ製ブラックモデルにも、
一般的な扇型キーのタイプは存在し、
寧ろその方が一般的なので念のため。
実は、キーの形状が最も特徴的なので、
注目されるが、巻き戻しクランク基部が、
初期型では金属製であるのに対し、
その後のタイプでは樹脂製に換えられている。
切削加工でこの形状を作るのと、
樹脂をキャスト生産するのとでは、
全くコストが違うのでしょうね・・・・。

以前取り上げたファインダー同様、
Rollei35の経時変化とは、
明らかにコストダウンに沿っています。


 以下次号
  1. 2012/04/26(木) 14:06:25|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローライ35 ジャーマニー

クラッシックカメラ入門機として、
カメラ屋さんが最初に進めるのが、
ローライ35だと思う。
テッサー40mmの写りは申し分なく、
露出計搭載にも関わらずコンパクトで嵩張らず、
しかも、デザインが美しく手元に置いて愛玩できる。

多分このブログをお読みの方なら一度は必ず、
手に取った経験がおありだと思うが、
今回はその中でも最もシンプルで、
でも奥の深いドイル製モデルの解説をします。

Rolleii35a

このブログでは、
過去に4回連続でローライ35を取り上げているので、
お時間ある方はそちらもどうぞ。

http://blog98.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=149
http://blog98.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=148
http://blog98.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=147
http://blog98.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=146

さて、
1967年に現在に連なる高級コンパクトカメラの皓歯とも言える、
Rollei35が発売になるのだけれど、
その後色々あって生産がシンガポールに移転される。
撮影に関する基本性能は全く同じと言っていい、
両者なのだが重箱の隅をつつくと、
色々と相違点が見える。
先ず、当たり前のことだけれど、生産国刻印が異なる。
Rolleii35b
最も簡単な識別点であり、
全くの互換部品であることから、
シンガポール製本体にドイツ製下蓋を入れた、
ドイツもどきも散見されるため、
ご注意あれ。

因みに、同じシンガポール製でも、
時代が更に下ったTEになると、
生産国表記が刻印ではなくプリントになってしまう。
Rolleii35b2
メカフェチにはちょっと寂しい内容ですね。

 以下次号


  1. 2012/04/25(水) 12:49:37|
  2. レンズシャッターカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光酒”花の露”

漆原友紀作”むし師”第六巻に、
”野末の宴”と言うお話しがある。
若き杜氏が苦心して作り上げた酒を携え、
山道を行くうちに、
むし師の集会に迷い込んでしまうと言う筋立て。
そこで語られる”光酒(こうきと読みます)”と言う酒が、
何とも魅力的で、
叶うことなら一度は飲んでみたいとかねがね思っていた。

先月父の介護で帰省した居り、
当地で見つけた酒が、
これまでなかなか経験無いほど品良く甘く、
これこそ正に光酒だと、
1人喜んでいるところへ、
更に興味深い逸話が舞い込んだ。

元々花の露は安酒作りのメーカーで、
地元での酒蔵としての格は、
それほど高くなかったのだが、
今年になって急に質の高い酒を出すようになった。
同じようなことは、
2年前に”萬代”でも起こっている。
何故か。
その少し前に廃業してしまった、
”富の寿”の杜氏さんがそれぞれの蔵に落ち着き、
新しい酒を造り始めたからだというのだ。
実は、父の今の住まいは久留米市山川町。
富の寿酒蔵のほんのご近所で、
元蔵元の縁者である富安さんにもお世話になっている。
マンガのお話しにも重なる、
何か不思議なご縁を感じる酒は、
私にとっては、
まごうことなき”光酒”だ。

hananotuyu



  1. 2012/04/22(日) 01:11:57|
  2. TOPICS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ディズニーランドに行ってきました。

”ペンタコンシックス”ネタは一時中断して、
今回はちょっと違うカメラの紹介。

昨日はちょっとしたお祝いだったので、
TDLに行ってきました。
ついでに整備済みカメラの試運転を挙行。

TDL20120413b

TDL20120413a

TDL20120413c

ここまではRetinaⅢcのXenon50/2.0。
SAS100で晴天だったから、
f8~16ぐらいまで絞っているので、
ボケ味はあまり読みとれないが、
すっきりくっきり撮れている。

TDL20120413d
こちらは、
AgfaKaratⅣのSolagon50/2.0。
これも同様の撮影条件なので、
後ボケはあまり解らない。

フィルムカメラ経験の少ない年代には、
銀塩写真とは緩い写真だと思われていると、
カメラ屋さんでよく聞く。
写るンですやトイカメラでの写真、
フォーカスし損なった銀塩写真を見慣れていれば、
そう思われても仕方ないが、
優れた機材で正しく撮られた銀塩写真は、
巷のデジ写真より遙かにすっきり写る。
こればっかりは、
ネット上でいくら拳を握りしめて熱弁しても、
なかなか伝わらない。
騙されたと思って、
一度きちんとフィルムで写真を撮ってみてください。
例えデジタルプリントでも、
デジカメとは違う写真が手に入ります。
それはまるで、
きちんと出汁をひいた汁物を頂いたような、
すがすがしい気分にしてくれるでしょう。

  1. 2012/04/14(土) 17:46:44|
  2. レンズシャッター距離計付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード