くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ゆうきまさみ その4

今回のゆうき作品は、
保育園仲間のお宅で、
マンガを整理する機会があり、
巡り巡って私がお借りすることになった。

何処のお宅でも溜まったマンガの処分には、
頭を悩ませているのだろうけれど、
子供にも読ませたい作品ならば、
頑張ってもう少し保管してみたら、
どうだろうか?
少なくとも、
ゆうきまさみ作品はその価値があると思う。

そんな観点で、
思いつく作者と作品を考えてみた。

安彦良和 ”The Origin”始め全作品
吉田秋生 ”Banana fish" ”夜叉”
槇村さとる ”おいしい関係” その他
川原 泉  ”中国の壺” "フロイト1/2”その他
佐々木倫子 "Heven”その他
せきやてつじ ”バンビーノ”
荒川 弘   ”銀の匙”

手塚治虫を始めときわ荘の人達のような、
古典ではなくもっと新しい作家で、
自分なりの全集を考えると、
面白いと思う。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/31(木) 23:46:51|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆうきまさみ その3

まだまだつづくぞ・・・。

前回つまらない作品の批判をしたけれど、
それら子供だましも、
規制すればいいと言うわけではないと思う。
それは、ゆうきまさみも、
コラムの中で述べている。

この問題は、
アメリカの銃規制問題と、
同質の問題のように見えて、
分けて考えるべきだと思う。
表現に対する規制が、
日本よりも明らかに厳しい、
アメリカがいつまで経っても、
銃規制できないのは論点を整理すると面白い。

それはそれとして、
安直なヒーロー物を排除して、
子供がバカにならないようにするために必要なことは、
結局親がきちんと子供に向き合って、
話をすることだと思う。
子供だましを放置して、
安易に子守をさせることの方が、
バカ番組に突っ込みをいれまくることよりも、
よっぽど大人げない行為だと思う。

更に言えば、
以上のようなことに熱弁ふるう親父を、
冷めーた目で観ながら、
自分で物事決められる、
本当にしっかりした子供を育てるには、
ゆうきまさみや安彦良和、吉田秋生の
マンガを読ませるのが一番だろう。

本物を知れば、
子供だましの意味が分かるからさ。
  1. 2013/01/31(木) 15:01:51|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆうきまさみ その2

週末二日謹慎蟄居。
ありがたいことに天気が良くて、
カーテンを開ければ暑いぐらいの日差し。
そんななか、
読みふけっていたのが、
”鉄腕バーティー”全20巻。

DSCN0004_20130128010405.jpg
ウルトラマンの原体験を持つ、
我々アラフィフ世代には、
ど真ん中王道のお話しでした。
(超人ロックでは物足らないのですよ・・)

読み終えた辺りで、
息子がTSUTAYAから帰ってきて、
戦隊物のDVDを見せられたけれど、
何の思慮もないドンパチに、
愚痴をこぼすと嫁に叱られる始末。
子供だましを、
子供に見せてはいけないと思うのは、
おかしな事だろうか?

ご都合主義の魔法や超兵器、
身勝手な正義、
胡散臭い友情や絆、
そんな物を子供の頃から、
繰り返し見せられ続けた結果、
この国は危機管理の出来ない国に、
成り下がってしまったのではないか?

そもそも、
日曜07:30からの枠で、
番組を作っている輩は、
世間に対して胸を張れるのだろうか?




  1. 2013/01/28(月) 01:56:01|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆうきまさみ その1

またまた風邪ひきました・・・・、
今年に入って二度目・・・・?
昨年7月にも月二風邪っぴきを経験して、
またもや・・・・・。
家人の非難囂々・・・・。

そんななか、
読みふけっていたのが、
保育園仲間にお借りした、
ゆうきまさみ。

ゆうきまさみ1
パトレイバーが大好きな私としては、
作家の人柄を知るための、
良い読み物でした。

この作家の優れているところは、
敢えて誤解を恐れずに言えば、
”小市民”感覚だと思う。
この本の中にもそういった、
愚痴や不満・疑問が、
多数書き込まれているけれど、
作品にも同じような感覚で、
それぞれの登場人物(含宇宙人)の、
弱さや卑屈さ痛みみたいなものが、
そこここに顔を出す。
とても内省的であまりマンガ向きではない筋立てを、
すっきりした画とテンポで読ませるのは、
”天才”と称えられて良い仕事だと思う。
まだまだ、
沢山の作品を読み続けたい作家さんです。

  1. 2013/01/28(月) 01:21:50|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルムカッターガイドを改訂制作しました その2

前回から引き続き、
改訂版バルナックカメラ用フィルムカッターガイドの
改修点を説明します。

その3
 切り欠き部分の長さを延長しました。
 以前指摘されたように切り欠き部分の長さが、
 オリジナルと比較して若干短かったのですが、
 今回はほぼ同様の長さになるよう調整しました。
   FCGd.jpg

その4
 指がかりを更に加えました。
 幅広部分の上端を切り落として置いたのですが、
 反対側に当たる部分も少し削り落としました。
   FCGc.jpg

以上どれも細かな改修点ですが、
以前よりは使い良くなっていると思います。
ヤフオフに挙げるので、
ご購入ご検討下さい。


  1. 2013/01/26(土) 09:00:06|
  2. フィルムカッターガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルムカッターガイドを改訂制作しました

昨年秋に制作した、
バルナックカメラ用フィルムカッターガイドは、
お陰様で好評の内に全量(98個)出荷したため、
暮れにかけて改訂版を新作中だったのですが、
年明けにやっと出来上がりました。

FCGa.jpg
前作比較して幾つか改修を行い、
品質向上を図りました。

その一
 制作誤差でフィルム幅に足りなかった全幅を、
 きちんと135フィルムの幅になるようにしました。
    FCGb.jpg

その二
 前作とはビスの位置を逆にしました。
 幅広の方を右にして開くと、
 前作では上翼にビスが来たのを下翼に移したのです。
 個人的にはあまり変わりないと思うのだけれど、
 ライカ純正はこの位置にガイドピンがあります。
    FCGe.jpg

 以下次号

  1. 2013/01/25(金) 13:09:26|
  2. フィルムカッターガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード