くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

年末のご挨拶

師走は、
文字通り駆けずり回るほど忙しく、
お陰様で先週末の本年終業までに、
売上げが間に合い、
”家賃が払える音頭”を踊っておりました。

それ故、
ブログの更新どころか修理作業も進まず、
年を跨いで持ち越した仕事も残してしまい、
自宅持ち帰りでしこしこ片づけています。

とにかく、
以前にもまして、
出会いと発見と成長の年になりました。
お付き合いいただいた皆様、
来年もよろしくお願いいたします。

これから、
大掃除にかかるので、
手短ですがこのへんで・・・。
よいお年をお迎えください。

スポンサーサイト
  1. 2014/12/30(火) 23:53:43|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014餅つき大会

堅い話が続きすぎているので、
ちょっと息抜きに地元ネタを・・・・。

1207b.jpg

先週の日曜日、
水天宮から人形町の交差点までの
一方通行道路一部を通行止めにして、
恒例の連合町内会餅つき大会が開催されました。
画像のようにお相撲さんも飛び入り参加。

私の所属する芳人町会には、
日本橋幼稚園・小学校もあるので、
子供餅つきスペースを設け、
息子も張り切って杵をふるいます。
1207a.jpg

この企画は既に40年以上続いていて、
運営の手際もお見事。
本部では続々うるち米を蒸しあげ、
各町会テントへ配ります。
1207c.jpg
私はこれだけ戦闘力の高い町会を始めてみました。
これは長く続いた繋がりで培われ、
且つ新参者を取り込める大人の人たちだったから、
衰えることなく保たれているのでしょう。

ベッドタウンと呼ばれ、
祝祭を本当の意味で運営できない地域に住む人たちは、
次の世代に何を伝えてあげられるのでしょう。
日本橋という江戸以来の土地に混ぜてもらって、
私はしみじみそんなことを感じました。
  1. 2014/12/14(日) 08:57:51|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックカメラの楽しみ方 その6

今回の修理を総括すると、
先ず、ピンずれが問題で修理扱いになったのですが、
当店で確認したところレンズには全く問題なく、
ファインダー系の不調でした。
これは、ミラーかスクリーンの位置調整で対応するのですが、
大がかりな分解をしないでも解消できるように、
本機は作られています。
(方法は企業秘密ね。ネタ明かしすると、
 誰もがアッと驚くような仕掛け!!
 どうしても知りたい人は店頭で。)

しかし、
シャッターまで取り出して解ったことですが、
羽に油分が付着していたため、
そこまでの整備を行わなければ、
早晩必ず止まってしまったでしょう。

ベッサマチックに限らず、
レンズシャッターの載ったカメラは、
経時的には必ずと言っていいぐらいシャッター粘りを起こします。
反面、一度OHをすれば、
少なくとも数年は問題なく動き続けます。
(中には作りが悪くて、安定性が確保できない製品もありますが・・・。)
買ったカメラがほんの数か月で不調を起こしたなら、
整備が悪かったか、
整備をしていなかったと考えていいでしょう。
既に、新品出荷後数十年たっている製品ですから、
全く手を入れない個体の作動は、
ほぼババ抜きと言っていいと思います。

それは、
扱うお店の問題なのでしょうか?
私はそうは思いません。


 以下次号



  1. 2014/12/09(火) 16:57:49|
  2. TOPICS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックカメラの楽しみ方 その5

先週は宴会続きで更新できませんでした。
週末・・・、ウィークデイよりハードだった・・・。

さて、
修理とは別にレンズシャッターSLRの機構説明をして、
寄り道をしましたが、
作業時代は順調に完了し、
無事に発送しました。

縮んでしまった貼革の交換も、
希望になられたので手持ちの材料で新調。
気持ち良いカメラになったと思います。

BM貼革1

 以下次号
  1. 2014/12/09(火) 11:31:53|
  2. TOPICS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックカメラの楽しみ方 その4

BMcecha1
BMcecha2
画像の注文が入ったので、
今回はいきなりミラーボックスユニットの姿から。
上の画像の正面はこの部品の底面。
上面はフィルム側。
底面部に見える輪列は雁木が入っていて、
その下に見えるスライドユニットの作動を規制します。
ベッサマチックシリーズが他のデッケルマウント機より優れていて、
唯一の実用機と言えるのは、
この機構があるからです。

レンズシャッターSLRは、
ミラーのフィルム側にあるシャッター幕が遮光幕を兼ねる、
フォーカルプレーン機よりも複雑な作動を要求されます。
レンズシャッターがミラーの被写体側にあるため、
通常はここを開いていないとファインダーが機能しません。
当然その間はフィルムの露光を防ぐ遮光壁が必要になります。
で、撮影時の行程はこうなります。
レリース→シャッター閉鎖→ミラー上昇→遮光壁解放→シャッター開閉
→遮光壁閉鎖→ミラー下降。
レリース→ミラー上昇→シャッター開閉→ミラー下降ですむ、
フォーカルプレーンSLRとはずいぶん違いますね。

上記行程が順序良く完結しなければ、
きちんとした写真は撮れず、
そのタイミングをとるために一種のスローガバナーを入れてあるのですが、
他社製品はそんな丁寧な仕事はしていません。


 以下次号



  1. 2014/12/02(火) 11:04:56|
  2. TOPICS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード