くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

高性能な指先 その6

明らかに胴の部分の剛性が不足し、
軽い力で簡単にねじれてしまっています。

勿論、あえて間違った使い方をしているのですが、
Fontaxは同じことをしてもこんな感じです。
_DSC0068.jpg


Watanabeも・・・・・。
_DSC0070.jpg
殆ど先端部にはずれがないことを、
ご理解いただけると思います。

この二つの製品のように、
基本性能をきちんと満たすものが、
”本物”と呼べるピンセットだと、
私は思います。
プラモデルの制作に、
高価な道具は必要ないと思われるかもしれませんが、
最近の非常に細かい部品や、
エッチングパーツの組み込みでは、
ピンセットは不可欠で、
使い比べてみればパーツを落としたり、
飛ばしたりする危険性を最大限緩和してくれるため、
圧倒的に有利です。
(落とした部品を這いつくばって探す時間を減らせます)


 以下次号






スポンサーサイト
  1. 2015/01/27(火) 11:16:30|
  2. Tool & Material
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高性能な指先 その5

以前にもピンセットは話題にして、
その時も吊し上げた製品なので、
ことさらに騒ぎ立てるのも大人げないかもしれないけれど、
私はこの商品がいまだに流通していることが、
日本のピンセット(精密機器を取り扱う一般人の意識)のレベルを表しているようで、
とても悲しくなります。

ピンセットは先端部が細ければより精密な作業に適しますが、
ただ尖っていればよいというわけでは絶対にありません。
先ず、その部分に十分な剛性があって、
つかんだ時に多少力を入れても、
簡単に変形しないことが必要です。

それ以上に大事なことは、
先端部の開閉方向を基準平面として、
それから斜めに力を加えた時、
基準平面から先端部ができるだけそれないことが、
咥えたものを落とさないためにとても重要です。

ところが、
この穴あきタイプのピンセットは、
少し斜めに力を入れるだけで、
先が簡単にずれてしまいます。

_DSC0065.jpg


 以下次号
  1. 2015/01/27(火) 00:10:34|
  2. Tool & Material
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高性能な指先 その4

さて、
お勧め品の紹介が終わった後は、
”買ってはいけない”コーナーに参りましょう。

_DSC0045.jpg
一番右側に置いた先曲りタイプは、
”いけない”というほどのものではありませんが、
極端に使用頻度の低い形です。
入手の優先順位は最後でも十分でしょう。

その隣のブレード中央にガイドピンが打ってあるタイプは、
先端部が切りっぱなしで腰がなく、
力を入れると先が開いてしまうため、
精密機器の扱いには全く役に立ちません。

更にその左隣のピンセットは、
一般に販売されているピンセットの中では、
ましな部類の製品ですが、
先端部の強度が足りず簡単に変形してしまうため、
細かい部品を確実につかみ正確に置くという、
基本性能を満たしません。

手前から二番目は、
スイスメイド、Rubisuのチタンタイプ。
軽く感触も非常に良いのですが、
あまりにも先端部強度が足りない。
そこそこ値の張る製品なので、
使い道をもう少し考えようと思っています。

そして、
一番手前の商品が、
絶対に買ってはいけないものなのですが・・・。


 以下次号
  1. 2015/01/22(木) 11:13:58|
  2. Tool & Material
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高性能な指先 その3

手前から二番目は、
医療用ピンセット・ワタナベ製。
FONTAXよりも力仕事に使います。
機械整備用ではないために、
耐磁性能はないのでビスを抜くときには使いますが、
置くときには使えません。

ホームページを見ると、
江戸川区でハンドメイドしているそうです。
非常に優秀な製品で、
Dumont(スイス)と同等の性能でしょう。
磁化しないラインナップがほしいところです。

その奥は、
メーカーの解らない長いピンセット。
先端がそれるためパーツの扱いには使えませんが、
テッィシュ片をつまんで、
清掃に使います。

さらに奥はDumont製。
高性能なのですが、
微妙に感触が固く、
磁化してしまうタイプなので、
レンズ清掃にこれまで使っていましたが、
上記の長いタイプが使いやすいので、
二線級に降格。

 以下次号
  1. 2015/01/21(水) 16:05:28|
  2. Tool & Material
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高性能な指先 その2

_DSC0046.jpg
これは、
現在私の手元にあるピンセットの一部です。
14本写っていますが、
探せばまだ出てくるでしょう。
骨董市などで見かけると何本か買い求めるうち、
把握できないくらい数が増えてゆきます。

これらの全部を万遍なく使っているわけではなく、
主力はこの4本。
_DSC0063.jpg
一番手前に写っている、
”Taxal"が我が家のエース。
はっきり言ってこれが無ければ仕事ができません。
御徒町の時計修理機材店で最後の一本を買い求めた、
耐磁性メイド・イン・スイスの一品。
工場が燃えて会社が廃業してしまい、
その後の入荷はないため、
現在流通在庫のみと言われています。
精密機器を扱ってピンセットを利用される方は、
絶対に必要な道具だと言っていいでしょう。

使い込むうちに腰がしなやかになって、
現在最高の感触。
この絶妙なバネは他の製品と比較して、
はっきり実感できます。
力加減が容易で、
全くと言っていいほど先端部がそれないため、
つまんだものを落とす危険性が最大限軽減されるため、
作業効率が上がり、
本体価格4000円の出費を、
短期間で簡単に償却してくれます。




  以下次号
  1. 2015/01/21(水) 11:09:58|
  2. Tool & Material
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高性能な指先 その1

久しぶりに技術系のことを書こうと思います。

最近プラモデルの制作ガイドと、
カメラ修理解説の記事を読む機会があって、
真っ先にニッパーと精密ドライバーとが、
取り上げられていたのですが、
それぞれの必然は理解するものの、
一番最初に自分の道具として吟味すべきなのは、
ほかにあると思ったのです。

ニッパーは、
私がよくプラモデル制作をやっていたころと比べ、、
(30年ぐらい前)
劇的に改善されています。
それは、現在のキット制作における、
部品切り出し精度から、
必然的に要求された進歩でしょう。
まさに石器時代から青銅器を飛び越えて、
鉄器時代に入った感じ。
精密ドライバーはもともと時計屋さんを始めとする、
精密機器整備用なので、
一般の人には縁遠く、しかも、
最終的にはそれぞれ自分で研ぎだして使うため、
ガイドブックで説明するのは難しい代物でした。

そこで、
ある程度の価格帯を納得すれば外れの無いニッパーとも、
解説の難しいドライバーでもなく、
しかも、
知識を持っていて一般の人でも、
決して損の無い道具として、
ここでは、
ピンセットを取り上げようと思います。


 以下次号
  1. 2015/01/20(火) 13:44:05|
  2. Tool & Material
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード