くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

クラシックカメラを楽しむということ その4 

現在フィルムカメラは、
その位置づけの移行期にある。
つまり、”写真機”としての役目をデジタルに明け渡し、
その操作感を味わう”骨董機械”としての役割を負う、
”クラシックカメラ”という分野が以前にもまして、
確立するのだと思う。

デジタル写真がフィルムに追いつき凌駕したとしても、
機械式カメラの操作感は絶対に味わえない。
逆に言えば、
心地よい操作感を楽しめないカメラは、
銀塩であっても相手にされなくなってゆく。
デジとほとんど変わらない操作のAFカメラ、
AFは載らないまでもAE/シャッターが電化され、
将来的な保守が望めない電子カメラ、
そして、
整備が不十分でスムーズに動かせない機械式カメラ。

以上の傾向は、
以前から売り場に反映されてきたけれど、
これからは機械式カメラの中から、
”クラシックカメラ”として扱われるものの淘汰が、
一層加速すると思う。

 以下次号

スポンサーサイト

テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/28(土) 11:01:13|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックカメラを楽しむということ その3

クラッシックカメラといえば銀塩カメラなのだけれど、
フィルムを使うカメラであっても、
自動焦点(AF)カメラはその対象から外れ、
市場ではほとんど見向きもされない。
大手メーカーのフラッグシップであっても、
新品価格の数十分の一のリセールバリューでしかない。

何故なのだろう・・・・?


AF銀塩カメラでできることの、
殆どすべてはデジタルカメラでできてしまうからさ。
さらに言えば、
デジに対して出来ないこと・出来ることのなかに、
取り立てて魅力的な事柄がない。
さらに言えば、
長く使い続けることができないことが、
決まってしまっている。

そう、
今この時期は大きな転換点にある。
”中古カメラ”という嘗てあった大きなカテゴリーの中から、
”クラシックカメラ”という分野が完全に分離しようとしている。
それ故業界はかなり混乱をきたしていると、
新参者の私にも思えます。



 以下次号






テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/25(水) 20:22:07|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラッシックカメラを楽しむということ その2

”生産設備”である以上、
カメラはコストや効率といった概念から離れることができない。
露光時間を時計で計っていたころから進歩が始まり、
距離計を載せて片手で扱えるようになり、
自動露出、連射、自動焦点を実現し、
そして、
記録方式が光学式から電子式に変わり、
撮影だけでなく”画像”の取り扱いも、
革命的に変化した。
もはや元には決して戻らない。
”生産設備”としてのカメラはね。

一般的な写真を撮る機材としては、
銀塩かデジかという論議は不毛で、
最近ではスマートフォンが存在感を増し、
コンパクトデジタルカメラすら、
淘汰されようとしている。  

じゃあ、
こんな時代に、
銀塩カメラを商売として取り扱ったり、
それで写真を撮ったりすることに、
どういう意味があるのだろう。

 以下次号                               



テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/10(火) 16:31:54|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高性能な指先 さいご

この話題を取り上げたのは、
精密機械修理やプラモデルの制作など、
特殊な男の子作業以外にも、
日常生活のあらゆることに、
ピンセットは利用でき且つ、
劇的に作業効率を上げるということを、
説明したかったからなのですが、
なかなか理解を広めるのは難しいようです。

ピンセットの存在意義を貶めているのは、
巷にあふれる安普請の不良品であることは、
間違いないと思います。
その程度の道具だと、
殆どないほうがましの結果しか得られません.

また、
きちんとした使い方が身についていないと、
道具の良し悪しもわかりにくく、
選び方や使い方を、
解説できる方が少ないのも、
普及の足かせになっています。
事実、解説記事などでも、
首をかしげる内容があります。


どこの家庭にも毛抜きはあると思いますが、
良質なピンセットは刺抜きとして使えますし、
それ以外のかなりの作業で、
利用効果を上げることができます。

細かい作業にイライラされた方は、
一度ピンセット探しに挑戦されることを、
お勧めします。
決して無駄な努力にはならないでしょう。


 おしまい
  1. 2015/02/09(月) 00:02:08|
  2. Tool & Material
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックカメラを楽しむということ その1

昨年、
平日夕方J-waveのおばか番組に応募したら、
局から電話がかかってきて、
ピストン西沢氏とお話しできる機会があった。

GLZ20140522


その時私の仕事を説明するのに、
機械式時計との比較の話題になって以来、
カメラどのように位置づけたらいいのかについて、
ずっと考えていた。

因みに、
ピストン氏は自分で自動車関係のイベントを仕切ったり、
レースに参加するほど車好きなのは知られているけれど、
時計イベントのトークショーでMCを務めるほど、
時計には造詣が深い。

そこで最近思いついたのは、
時計とカメラとを比較するのは、
根本的に無理があるということだった。

腕時計は、計測器なのだけれど、
機械式腕時計になると、
宝飾品の意味合いが強くなる。
それに対して、
カメラの基本機能は記録で、
敢えて象徴的な表現をすると、
写真を製作するための生産設備だ。
どちらも携帯性が高いので、
同種に扱われやすいが、
個人的に操作出来る生産設備という意味合いでは、
カメラはむしろミシンに近い。

生産設備という並びで行くと、
カメラというやつは、
フェラーリやカンパーニョよりも、
黒四ダムや富岡製糸場に近いことになる。

 以下次号

テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/06(金) 15:32:43|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深夜高速 その2

1989年名古屋で結成された、
フラワーカンパニーズというバンドが、
2004年に発表した16枚目のシングルが、
タイトルに挙げた曲です。

先週J-waveでかかり、
今週金曜日夕方番組の、
熱いゲスト紹介で関心を持ち、
ネットで調べてバンドの素性を知りました。

元手も無く店舗経営に突入し、
吹雪の頂上直下でビバークしているような生活を続ける私には、
どの言葉も痛く、曲名を唱えるだけで込み上げてくるものがあります。

問題は、
これほどの曲が10年たっても、
まだ一般にはあまり知られていないということです。
とっくの昔に大晦日の伝統歌番組に乗っていいはずだった。
しみったれて女々しいだけの、
花の名前の歌よりはるかに素晴らしく、
血を吐く思いで生きている人たちには、
本当に支えになる楽曲だと思う。

事実を深読みすれば、
全くの素人が遊びでYuoTubeに投稿し、
あっという間に再生回数を稼ぎ、
スターダムにのし上がるというお話は、
単なる仕掛けにすぎず、
業界内の事実が露呈しないように、
非力な彼らの曲が、
店晒しにされているのかもしれない。
”ぐるなび””と同質の、
ネットを利用した商法ですね。

でももう、
私はこの歌を知ってしまった。
それと同時に、
本物であっても人様に知られるのには、
とても時間がかかるということを、
この歌を通して学んだ。

ありがとうフラワーカンパニーズ。
もう若くはないけれど、
若者と同じような情熱を持ち続ける者の一人として、
本当に感謝します。


  1. 2015/02/05(木) 11:13:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード