くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

クラシックカメラを楽しむということ その9

”クラシックカメラ”呼べる機械は、
長く使い続けられるように、
本来設計・製造されています。

それは、
将来的に劣化する可能性の高い樹脂系素材を使い、
接着剤で固定する、
OHを全く前提に置かない、
その後に作られた機械とは、
本質的に異なる製品です。

しかし、
どの様に丁寧に製造されたものでも、
適切な整備がなされなければ、
必ず不調を起こします。

では、
その整備の費用は誰が受け持つのでしょうか?



 以下次号
スポンサーサイト

テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/14(土) 18:13:35|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシックカメラを楽しむということ その8

SWCとは少し形式が異なりますが、
これがシンクロコンパーシャッターの内部です。

synchroComper.jpg

これまで再三分解清掃しましたが、
いつみても本当にきれいな機械です。
しかし、
前回挙げたように一定の期間が経つと、
油が回って不調を起こします。
でも、
この機械はそもそも、
そうなることも織り込み済みで作られており、
主要な部分は全てねじ止めで、
接着剤はもちろん加締めも使われておらず、
分解清掃によって機能復帰させることができまず。
以上の条件を満たして、
”クラシックカメラ”と呼ぶことができます。

いつまでも使い続けられるように作られた機械を、
大事に楽しんで使う。
それが、
クラシックカメラを楽しむということなのだと思います。

しかし、
そのためには理解していただきたいことがあります。


 以下次号

テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/13(金) 11:14:55|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックカメラを楽しむということ その7

モルトの劣化だけではありません。

このSWCは、
開けてみると、
シャッター周辺にかなりオイルがにじんでいました。

レンズシャッターは例えて言うなら、
機械式時計のような機構が組み込まれています。
どれほど精巧な時計であっても、
50年間メンテフリーで精度を失わず動き続けることは、
かなり難しいでしょう。

バネの力を輪列で可動部に伝えるため、
潤滑油は不可欠ですが、
(全くオイルフリーという機械もありますが・・・・)
ほぼ密閉されているケースの中で気化し、
それが羽に付着すると、
シャッター羽同士が固着してしまいます。
こうなると完全な分解清掃が必要で、
それは、
ある程度の期間で必ず巡って来るものだとするのが、
電子制御以前の機械を扱う時の、
まっとうな考え方だと、
私は考えます。

そして、
そもそも機械はそのように作られています。

SWC c






 以下次号



テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/12(木) 11:58:13|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックカメラを楽しむということ その6

このブログをお読みの方なら、
誰でも知っているSWC。

_DSC0013.jpg

この個体は、
整備から帰ってきた日にシャッタートラブルを起こし、
オーナーさんは修理に出した店が、
これからも写真のプリントで付き合いを続けたい店だったため、
その追求をあきらめ、
私に相談を持ち掛けられた。

届いたカメラは確かに低速が止まっているけれど、
それ以外は状態の良いものだった。

分解してみると・・・・・。

SWC a

SWC b

嘗ての傑作カメラが、
メンテフリーではもう使えなくなるのは、
こういう問題があるのです。
50年たつと当時組み込まれたモルトは、
ほぼすべて劣化して遮光性を失うだけでなく、
飛散して可動部に付着すると、
動きを固めてしまい、
修理不能な破損を引き起こすことすらあります。

前回どの様な扱いを受けたのかは解りませんが、
このカメラはきちんとした分解清掃は、
受けていません。


 以下次号

テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/11(水) 21:42:59|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシックカメラを楽しむということ その5

これまでカメラ屋さんは、
仕入れて転売するだけでも、
結構利益をとることができました。

しかし、
クラシックカメラを扱おうとすると、
最近は避けて通れない問題が、
以前よりも大きくなってきます。

”整備”

”クラッシック”というからには、
30年以上は経っているわけで、
特に対象になるカメラは50年以上たっていて、
流石にメンテフリーでは気持ち良く使うのが、
難しく整備を必要とするのですが、
コストの問題でなかなか話が進みません。

最近扱った例を、
使用許可を頂いた画像を使って説明しましょう。

 以下次号

テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/04(水) 20:55:45|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード