くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

シン・ゴジラ

庵野秀明入魂の一作にして最高傑作、且つ、正調・ゴジラ。

金曜日にハリウッド版二作目GOODZERAをやっていたけれど、庵野の解釈の方が正しいと思う。1954年の初代ゴジラが水爆実験を引き金として企画成立したとしたなら、シン・ゴジラは紛れもなく3・11を反映して話が成り立っている。まあ、どのシーンとってもF1をほうふつとさせる光景や筋立てばかり。政府の混乱ぶりはまるで当時の再現ドラマのようだ。

”この国はまだ捨てたものではない”と作中で言わせることに、この作品の本懐があり、強烈な愛国映画なのだけれど(いい意味でね)、隣に座って観ていた息子が、上映中にささやいた痛烈な一言が、本作の予定調和を簡単に吹っ飛ばしてしまう。

”なんでゴジラはやってきたの?”

ゴジラが放射性物質を求める生物だったとしたら、首都圏近辺での上陸地点は、東京湾内ではなく東海村か浜岡の原発でしょう。そうされたとしたら、何の阻止線も設けられず、いきなり上陸粉砕され、目も当てられない惨状からのドラマになってしまう。さすがの庵野も、そこまでのお話は組めなかったのだろうけれど、原子力発電所の危険性は、むしろ映画の世界よりもより現実的な問題として考えるべきだと思う。都知事選を巡るドタバタを見ていても、行政府の人材欠如は深刻なわけで、次の世代にもう少しましな社会を作るためにも、もっと真剣に危機感を感じるべきだろう。

序章の政府中枢の混乱の情けなさを見ながら、私は泣けて仕方なかった。そうしている間にも、被害が拡大し大切な命が失われてゆく・・・と。そして、それと全く同じ感覚を最近味わったことを思い出した。”半島を出よ”、2005年に書き下ろされた村上龍の長編小説は、その後の3・11の狂騒を予見し、言い当てるような細部を紹介し、読み進むのが辛くなるほどだった。

物語の価値は、ドキュメンタリーとは違った視点で、場合によってはその事象に対するより深い考察を喚起することなのだと、最近思うようになった。この国を好きでいられるためにはどうしたらいいのか、この映画を見て、そんな考えに浸る人が一人でも増えれば、製作された人々の苦労も報われると思う。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/31(日) 23:15:30|
  2. Cinema
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VERRA 3

ここのところ、整備にかかりきりなので、完了したカメラから宣伝します。
http://camerafan.jp/i.php?i=23033121

_DSC0866.jpg


[VERRA 3]の続きを読む
  1. 2016/07/31(日) 10:50:20|
  2. レンズシャッター距離計付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペンタコンシックスのガセねた

先日、”ペンタコンシックス”でグーグル検索をかけたら、上位に挙がったのは例の”巻き上げお作法”だった。つまり、”レリースシャッターボタンを押し続けて巻き上げる”というやつですが、この方法は正規の方法では全くありません。これで駒間不良が解消する機体は、それにかかわるパーツが破損しているか、レリースリンケージの調整がくるっています。駒間不良はこの機種の持病のような故障ですが、最も頻度の高い原因でそうなっている場合、ボタン押しながら巻き上げても、症状は改善しません。安易な経験則で根拠のない方法を流布するような行為を少なくとも専門店は慎むべきでしょう。

_DSC0824.jpg

さんざん修理作業中に慣れ親しんだ光景。私はこの画像一枚で、”押しながら巻き上げ”が何故ガセねた化したか、それが何故間違っているのかを解説できますが、当然のことながら企業秘密です。ご来店特典にしておきましょう。吹聴されている方はよく考えてみてください。

因みに、”巻き上げレバーは必ず指を添えて作動開始位置に戻す”は、絶対に必要な操作です。書き上げ切った後に指を放して、戻りばねの力でバシバシレバーを開始点にたたきつけると、本当に壊れます。尤もこれは、このカメラだけに限らない、カメラ操作上のマナーなのですが・・・・。

_DSC0820.jpg

中央部に縦に二枚並んでビス止めされた金属片が写っていますが、それぞれ巻き上げのたびに、フィルムカウンターと巻き上げ量調整ギアとが繰り上がってゆくための戻り止めロックになていて、ギアの歯にばねの力で押し着けられています。巻き上げレバーが勢いよく始点に戻ってぶつかると、このロックが跳ね上がってしまい、せっかく押し留めてあったギアが解放され、巻き上げ調整がリセット状態になり、駒かぶりやカウンター狂いが生じます。最悪の場合、このロック爪がギアの歯を痛めてしまい、その歯から先にギアが進まなくなってしまう重篤な故障につながります。カウンターのギアならば、比較的簡単なパーツ交換で済みますが、巻き上げ量調整機構のギアが傷んでしまった場合、私ならば”修理不能”と判断します。どれほど外見がきれいでも、幕が真新しくても、5000円の価値もないジャンクと評価します。しかも恐ろしいのは、この故障は実写しないと露見することが少なく、しかも、よほど事情を熟知している技術者でなければ、不調の原因特定は難しいということです。市中にあるいくらかの割合のこのカメラは、そのような危険性を孕んでいます。シャッターが切れていても、カウンターをきちんと刻んでいても、一こまを正しく写せないのですから、救いようのないジャンクです。

プラクチシックス・ペンタコンシックスは非常に魅力的かつ癖の強いカメラです。これらのカメラの使用を検討されている方は、提供者がどれほどこのカメラを熟知しているかを、納得できるまで確認すべきでしょう。少なくとも、風評の根拠を十分に披歴できない販売者から入手した場合、将来的に気持ちよく使い続けるのは難しいと思います。
  1. 2016/07/29(金) 13:36:30|
  2. ペンタコンシックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の閉店時間

子供たちは夏休みに入りました。我が家の小4坊主はサマーキャンプに出掛け、明日東京駅帰着、お迎えマストなので、29日金曜日は17:30には閉店させていただきます。

夫婦二人だけの我が家の広いこと広いこと。
  1. 2016/07/28(木) 11:45:27|
  2. お店情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の営業時間

お盆が近づいてきました。

夏の間の営業時間変更、夏休みのお知らせです。


7月23日土曜日は、通常通り12:00開店しますが、町内会夏祭りお手伝いのため、15:00には閉店しますので、よろしくお願いいたします。


”山の日”などというへんてこりんな休日が作られてしまったため、お盆がややこしいのですが、通常通り8月13・14・15日を連休にします。12日は営業しますので、ご興味あおりの方はご来店ください。


ところで、国の決める休日に一般市民は不満を持たないのだろうか?無駄な休日を増やすから年次有給休暇がとりにくくなるし、行楽地が混雑する。膨大な無駄遣いだと思うのだけど、だれも文句を言わない。とても不思議だと思う。働きすぎが問題になるのなら、休日を増やすよりも年休買い上げを義務化すれば企業は何とか休ませようとするし、収入の低下も防げる。安易に祝日を増やせば、いづれ悪影響が出る。役人の考えることは、本当に頭が固いと思う。


  1. 2016/07/21(木) 14:20:04|
  2. お店情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の終わりに

九四国は昨日梅雨明けしたけれど、
関東はまだ明けない今日この頃ですが、
雨を楽しむための鉄板ネタを一つ。

幼稚園生呼ばわりされますが、
長靴を新調すると、
確実に雨の日が楽しくなります。

ただし、2000円の長靴は、
履いて一月すると割れてしまう可能性があるので、
ここで対象にするのは、
5000円以上のお品に限ります。

かれこれ20年近く使っていた、
アングラ―ハウスのレインブーツが、劣化してどうしようもなくなってしまった。
_DSC0740.jpg



[梅雨の終わりに]の続きを読む
  1. 2016/07/19(火) 22:55:13|
  2. LIFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード