くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

いちっ! にっ!! さんっ!!! さんっ!

とうの昔に連休が終わってしまったのに、
だらだら連載続けているのも心苦しいが、
スキャナーがフリーズしてしまい復旧できない内に時間が経ってしまった。
eye2


1959年 9月 KonicaS発売
  61年 7月 KonicaSⅡ発売
  63年12月 KonicaSⅢ発売
1964年 7月 KonicaEye発売
  67年 3月 KonicaEye2発売 
1968年11月 KonicaC35発売

と言う風に年譜にしてみると、このカメラが、SとC35との間に咲いた、
徒花という位置づけが理解できる。   売れなかったのね。
何故か?
”大口径レンズをおごった、プログラムAEハーフサイズ目測カメラ”は、
一体誰が使うのか?
プログラムAEでハーフサイズなのだから、当然ユーザーの母集団は、
ファミリーのはず。しかし、大口径レンズを乗せたために高額になり、
しかも、近距離開放では目測でピントをずらしてしまう。
ちょっとお金を使ってレンズを楽しみたい向きには、
プログラムAEが邪魔で1/25単速絞りきり換えGN対応システムでは、
物足りない。
と言うわけでどっちつかずだったわけさ。

ネット上でのこのカメラのレポにあげられているように、
KonikaEYEの基本コンポーネントは、
そのままC35にキャリーオーバーされている。
ハーフサイズカメラのシャッターシステムが、
そのままフルサイズにも使えていると言うことは、
基本的にこのカメラはフルサイズのカメラだったわけだ。
しかもEyeの反省を活かして、レンズ口径を落とした上に距離計まで載せた。
大衆機の完成形”C35”の登場だ。

いろいろと問題点は指摘したけれど、
数あるハーフサイズカメラの中では非常に秀逸な機種(特にデザインが)だと思う。
それほど法外な値段にもならないので、
きちんと動く機体を見つけたら、手に入れて可愛がってやると、
思いもかけずすごい写真が撮れて喜ばせてくれるようなカメラだ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/05/14(水) 22:42:05|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライカのレストア いまさら | ホーム | いちっ! にっ!! さんっ!!! にっ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/114-57fbdf93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード