くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

貧乏ズミクロン

昨日のカメラの画像では機種特定は出来ない。
何故なら同じプラットフォームで数種類のレンズを付けていたから。
この画像で、オリンパス35Ⅱシリーズのうちで何かが判る。
hZuikoW 1

Canon50/f1.2のことを仲間内で”貧乏ノクチ”と読んでいたが、
さしずめこのH-zuikoW35/2.0は、貧乏ズミクロンとでも呼べるレンズだと思う。
写り具合を比較するのは可哀想だけれど、レンズの枚数は本家より一枚多い、
”九枚玉”なのだ。

1957年6月発売のオリンパス・ワイドスーパーは、
定価37000円の高級品。
1956年1月に135カメラとしては最大口径の50/1.9を乗せた、
S1.9で大口径化競争を仕掛けたオリンパスが、
同じ手法をオリンパスワイドにも取り込んだ意欲作。
しかーし、僅か半年後には同じ名前で価格を28000円に抑えた、
後継機が発売されている。・・・どうなっとるんじゃ?・・・。

以前に紹介した、KonnicaⅢA、Topcon35S/Lとこのカメラは、
国産レンズシャッターカメラの中で個人的に最も好きな機種だ。
大口径の前玉は50/1.8と比較しても二回りも大きく迫力十分。
ファインダーは・・・・・・
wide-S/RF

先に挙げた二機種が大きなガラスプリズムを奢ったのに比して、
ミラーで取り回しているだけ。それでもパララックスは補正される。
まあ、ファインダーの見え方は写真に写らないし・・・・。

で、肝心のレンズ性能だが、
あくまで個人的な意見だが、それほどシャープな印象はない。
八枚玉がズマロンよりも鈍いと言っていた先輩も居たので、
D.Zuiko35/3.5に対するH.Zuikoの位置づけは同じようなモノなのかもしれない。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/05/26(月) 00:24:55|
  2. LS-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<貧乏気質 | ホーム | 貧乏は嫌い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/118-c5c48473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード