くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

赤めだか

落語を生で観たことは一度もない。
落語家とタレントとの区別もあまり付かない。
でも、最近の書評であちこち目に付き、書店でたまたま寝ていたので、
うちに連れ帰り2日で完読、以来読み返すことしきり。

akamedaka
立川談春著;扶桑社刊”赤めだか”

講談はト書きを語り、落語はセリフを語ると言われるように、
肉声の芸能である落語家の面目躍如、
その折々に語られる言葉を大切に心に刻んでいた、
著者の姿が美しい。
それによって、読んだ者は談志(”いえもと”と呼ぶらしい)の”冴え"を、
実感することが出来る。
巷間悪評の立つ談志がどれほど頭のよい人なのかがよく分かる。

採用・入社と入門とは全く違う、
まして、解雇と破門とがどれほど違うかを説明するのは難しい。
高校中退ですぐ入門した著者よりも私のほうが、
その点だけは分かっていると思う。
入社より入門が勝っている点は、”上司を選べる”という、
ただ一点だけなんですよ。
だから、どんな経緯であっても、配属先に尊敬できる人物が居たのなら、
多少支払いが少なくても、業務が大変でも続けたほうがいい。
ただし、未熟な人間はつまらない人間でも尊敬してしまうし、
本当に力のある人を見極めることが出来ない、皮肉だね。
若干17歳で師を見極め、
その言葉の要点をしっかりと心に刻み、
精進を続けることの出来た著者は祝福された人なのだと思う。

生きるとか学ぶとかいった、難解な問題を感じている人には、
一度読んでもらいたい一冊です。








関連記事
スポンサーサイト
  1. 2008/07/24(木) 00:08:51|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<崖の上のポニョ  あーのーこーが、だーいーすーきーー。 | ホーム | ブログ再開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/122-0c7f152e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード