くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

BABEL


Babel 1


”すーなのーあらーしーに・・・・・・”は、バビル。
第79回アカデミー賞最優秀作品賞受賞作。

嘗て、大同一致して天を貫く塔を築こうとした人間は、
”神をも恐れぬ行為”との逆鱗に触れ、
雷もて塔をうち砕かれ、
二度とまとまること無きよう言葉までも分かたれた。
バベルとは引き裂かれた人間の意志の不通を象徴する。

・・・・・と、解説にはあるが、見終わってみるとこの言葉は、
”しでかしてしまった過ちの象徴”ととらえた方が判りやすい。
”・・・・私は悪い人ではない、愚かなことをしただけ・・・・”と語らせているように、
劇中の人々は皆、愚かな過ちを犯し、そのつけにさいなまれ続ける。
劇場にいる我々は、”あれあれ・・・、よせばいいのに・・・”と、
最初はさめてみているのだが、作品が進むにつれ、
その尋常ならざる状況と焦燥感とを共有することになる。
そこが、演出家でもある監督の腕のさえだと思う。
近代医療と無縁の集落で、銃創を縫合されただけで衰弱していく妻に付き添う夫、
砂漠の真ん中で水も何の装備もなく幼子を抱え途方に暮れる乳母、
観た人は皆、うんざりする後悔におそわれる。
更に、それら人跡未踏の地に起こる孤独と、
東京の真ん中にありながら、聾唖なるが故に味合わされる孤独との対比が、
この作品をそれまでのモノから更に際だたせている。
 愚か者が救われるには、正しく自分の気持ちを伝えるしかない。
と言うありきたりの結論を、ほんとにその通りだとしみじみ感じさせてくれる、
おもーい作品でした。

BABEL 2

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/05/05(土) 01:15:28|
  2. Cinema
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<プラスチックのカメラ | ホーム | 世界の帆船模型展>>

コメント

どうも。こんにちは。

中々いい感じのブログですね^-^
また、遊びに来ますね。
今日は、検索を使って訪問しました。
  1. 2007/05/05(土) 17:11:19 |
  2. URL |
  3. 情報商材レビュー@ぶりぐる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/16-1da661f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード