くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

プラスチックのカメラ

この仕事をしていてうんざりさせられることの多くは、
カメラの部品の素材に起因することが多い。
つまり、部材に必要な剛性や靱性が付与されていないと、
作業中に破損したり、完全に組み上げても、
操作中に変形(場合によっては破断)して、
諸々含めて泥沼にはまる・・・・。・・・悪夢・・・・

そう言った意味で一番やり玉に挙げられるのが、プラスチック。
クラカメが金属カメラとほとんど同意に扱われているように、
特に日本人は金属崇拝が強く、寧ろ、欧米人の方がこだわり無く、
樹脂系素材を取り込んでいるように思う。
実際、プラスチックは金属に比して軽量な部品を安価に製造できる。
何が悪いってぐらい真っ当な選択理由だが、
ついて回るのは、強度不足と劣化。 


 prastic camera
ボディー躯体をプラ一発成型した割り切った設計のAEカメラ。
円筒状のゴムに斜めに乗っているパーツは、本来ボディーと一体だった。
困ったことに、この突起は巻き上げレバー戻しテンションバネの受けになっていて、
このままでは、レバーがチャージ後戻らない。
無理矢理接着しても力が掛かるのでまたすぐに折れてしまう。
これを本気で治そうとすると、かなり手の込んだ作業を覚悟することになる。
当然、”治す価値有るカメラなのか”と言った疑問が生じる・・・・・。

しかし、本当に悪いのは実は素材ではなく”設計”なのだ。
有名なローライB35は、これと同じようなプラカメラだが、
強度や劣化を十分考慮して整形されているため、
画像のようなお粗末なことにはならない。
樹脂系素材を使わなくても、
粗悪な金属パーツで苦労することも多々ある。
論が飛躍するが、”設計”は作り手の頭の良さを、
”材質”はモノを作る姿勢を表すように思える。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/05/05(土) 23:57:23|
  2. Tool & Material
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<指の先 | ホーム | BABEL>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/17-ee155c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード