くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

風呂につかって・・・。

以前、ひょんなことから手に入れて、以来ずっとそのままになっていたカメラを、
息子がらみの写真が撮りたくて整備してみた。


in the bath

・・・・・・改めてみると見苦しい・・・・・。

nikonos mecha

1963年から約2年間製造販売されていた、日本最初の水中カメラニコノス1型。
水深50m迄の耐水性を有し、特殊なメタルフォーカルプレインシャッターは、
1/30から1/500までの5段階が選べる。画像のように、ファインダー部分は、
機械・フィルム室からは完全に分離されているので、この部分からの浸水で、
作動不良を起こすことはない。
逆に言うと、本体内に浸水してもファインダーでは判らない・・・ははは・・・。
ところで、”・・・防水”の意味を、どれ程皆さんはご理解いただいているだろうか?
素人考えでは、さも頑丈に締め付けて、がっちり気密に作られているように想像するが、
多くの一般的な”防水”時計は、ただ単にパッキングが噛ませてあるだけで、
特にそれ以上の締め付けはなされていない。だから、50m防水の場合、
保証されるのはそこに静置された状態だけで、泳ぐなどしてそれ以上大きな水圧が、
部分的にかかったりすると、漏れる場合もある。
このカメラも、ファインダーを始め、各部にパッキングは入れてあるが、
それを強く締め付けるような構造にはなっていない。
特に、巻き上げレバー・巻き戻しノブのシャフトは、
可動部なのにゴムの輪が絡んでいるだけ・・・・漏るな・・・・。
風呂場において写真撮るにはいいが、水中、しかも海水につける気には、
絶対になれないカメラでした。


nikonos


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/17(木) 01:35:22|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<目の前 | ホーム | 指の先>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/19-a4f4ef64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。