FC2ブログ

くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

偉さの再確認

昨年、”あの”米谷さんの訃報が伝えられたときに、
友人と議論になったことがあった。
平たく言うと、その友人があまりにも”伝説”を
受け入れているので私が揶揄したのだった。
軽々しく口にすると品性を疑われるので控えるが、
業界内には”米谷伝説”に対しいろいろな異論がある。
具体的に挙げないが、
私は零戦設計者の堀越二郎氏が残した、
”私はタクトを振っただけ”と言う言葉に、
感銘を受けるし、規範にしたいと思っている。

それでも最近開けたカメラを観て、
米谷設計の見事さを再認識した。

peneemimy
画像左側が1963年12月発売のヤシカ・ミミー、
右側がPen/EEのシャッターユニット。
Penはこのユニット内にシャッター・レンズは勿論、
ファインダー・露出制御機能まで全てを納めている。
つまり、ボディーの大きさはフィルムをとり回すためだけにあるのね。
何せフィルム送りはギア二枚だけで行っている。
対するミミーはご覧のようにボディー全体に機構が回っていて、
部品点数が多く無駄にそれぞれが大きい。

部品点数が増せば、部品代・組み込み工程数が増えるだけでなく、
不具合が起こる確率も高くなるし、重量も増す。
殆ど同スペックの機材を同じような価格で売っていて、
これでは太刀打ちできるわけがない。

修理屋をやっている醍醐味は、
嘗ての人の営みの優劣を、
個人的に知ることが出来ることなのかもしれない。

peneemimy2





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/03/19(金) 01:22:59|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尾瀬岩倉スキー場に行って来ました | ホーム | ビトーB>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/238-c1cf3cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。