くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

嫌いなメーカー

以前このブログで、
K社のPとO社のLは嫌いと書いたけれど、
本当に大嫌いなのは、Y社です。
(このところ悪口ばかり言っている・・・、
  生活に追われてやさぐれてしまった・・・・)
幾つか開けてみると、
営業に引きずられてカメラが作られていることが、
ありありと解る・・・・。

その典型が今回のお題。
その最大の問題点がシャッターにある。
yashica14shatter
左に見えるのはセルフタイマーで、
スローガバナーはこの機械には組み込まれていない。
唯一ある緩速装置は正面下側の弾み車。
これがシャッター開閉の間中かかっていて動きを遅くする。
・・・・とどうなるか・・・。
羽がゆっくり動けば、端が開くまで時間がかかり、
端が閉じてから中心が閉じるまでも時間がかかる。
口径が大きくなればなるほど影響が出る。
当然盛大に周辺減光するでしょう。
なのにわざわざf1.4のレンズを載せるか・・・?

ハーフサイズであってもf2級レンズを、
目測でピン出しするのは至難なのに、
こんな大きなレンズを付けて、
距離計が載らない・・・・。

折角大口径レンズを奢っても、
EEカメラなので殆ど開放域で撮影されることはなく、
結果的に馬脚を現すこともない。
大きなレンズにEEを載せたハーフサイズカメラなら、
絶対高く売れるという、
営業担当者の熱弁が聞こえてきそうなカメラだ。

1966年16800円で発売された、
ヤシカハーフ14.
化粧しなおしたら以外や今風のカメラに見える。
ぼろくそに行ったけれど、
日中町中で撮ると、絞ってしまうので意外と良く写った。

yashica142



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/04/08(木) 01:10:21|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木の基地祭に行ってきました。 | ホーム | 偉さの再確認 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/246-b0d1cec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード