くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

カメラの資質 その1

今月は結局これまで1題もカメラを取り上げなかったけれど、
やっとこ材料が揃ってきたので、ぼちぼちカメラネタを再開しようと思う。

大学時代は写真部にいたので、モノクロ現像・焼き付け等の暗室作業は、
一通り出来るけれど、当時の機材はあれで、その後もなにで、
画としての写真は好きで沢山見たけれど、機材による画の違いには、
あまり関心が無く、ましてレンズの”味”については、未だに納得できる理解を、
させてもらっていない。
それでも、今年になって自分の整備したカメラで撮った写真が、
かなり先鋭な画になっていたので、
(かなーり)遅まきながらレンズに関心を向けるようになってきた。
そのきっかけになった写真の一部がこれ。




Mr,F
2月のカメラショウの祭、会場スタッフをf2開放・最短距離付近で撮ったもの。
UP画像では再現しきれないのが残念だが、
ピント面付近のディティール再現とそこから急速に進むぼけが素晴らしい。
このときの写真を見てから、50mm・F2レンズ付きカメラを、
いろいろ物色する事になった。

とは言え、この写真を何で撮ったか・・・・。
これだ!!!


Retina 2c
例によって、これでは判りませんね・・・・・・・・。
では、気を取り直して、もう一度・・・・・・・・。

yamato 3
一枚目の画像は、前蓋を閉じて上部構造を全く外した状態。
それに、距離計を載せると2枚目の画像になる。
物の本によると、1954年に発売されたこのカメラは、当時135US$したらしい。
単純に円換算すると48500円(当時は360円の固定相場)。
勿論、日本国内では法外な諸費用が乗っかっていくらで売られていたかは、
定かでないが少なくとも半年分ぐらいの給料を要したのでは無かろうか?
余談だが、後年鉄っちゃんの先輩が自分がリコーフレックスで撮った写真と、
金持ちの友人がこの系列のカメラで撮った写真とを比較して、
自分の写真の画質の哀れさに愕然としたという。

では、その正体は次回のお楽しみ。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/06/29(金) 00:06:56|
  2. LS-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カメラの資質 その2 | ホーム | HCB>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/34-e23a380d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード