FC2ブログ

くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

カメラケースの修理

カメラケースの修理を取り上げたので、
もう一言。

前回挙げたように、
特に国産カメラのケースは、
革の質が悪く、
折り目を入れるために肉厚を削ってある線を境に、
断裂してしまっていることが多々ある。

PenCase
結論から言うと、
この手の破損は元通りに、
(元通りに見えるようにも)、
修復することは出来ません。

現実的には、
切れた部分に何かあてを貼り付けるしかないのですが、
折れ曲がる部分なので、
相当強度のある物を巧妙に接着しなければ、
十分に機能せず、処理が悪いと剥がれてきます。
最も高度な修復方法は、
あてを縫いつける方法ですが、
全く新規に縫い穴を開けなければならないため、
皮革縫製の技術が不可欠です。
私には出来ません。

ペンのハードケースは、
形が洗練されているため、
人気がありますが、
殆どが画像のような症状を呈しています。
安易に修復可能とは、
考えない方がいいですね。


スポンサーサイト



  1. 2011/09/15(木) 23:43:07|
  2. Accesary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<生涯(多分・・・そうであって欲しい)最悪の日 | ホーム | ついつい手を出してしまう作業>>

コメント

修理不能なものはいっそバラして型とって、後世のためにデータとして残しておきたいですね。

この前、革の小物入れの糸交換をする際、釣り糸にすれば切れなくていいんじゃないかと思ったけど、そうすると革がダメになっちゃいますよね。難しいなあ。
  1. 2011/09/16(金) 15:40:37 |
  2. URL |
  3. onobori #-
  4. [ 編集]

非常に微妙な形なので、多分素人が型を取っても十分なデータにはならないと思います。
糸を換えるのも仰るとおり、革を痛めるのでやめた方がいいですね。
同様なことは、メタルパーツにもあって、非常に破損しやすい真鍮の部品を、某修理屋さんがステンレスで作ってしまったために、それに繋がる部分が逝ってしまったという、笑える事件もありました。
手放しで礼賛すべきではないですが、昔の人のやったことは、それなりに筋の通ったことが多いですね。
  1. 2011/09/16(金) 17:48:16 |
  2. URL |
  3. くらびぼー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/348-bb1ee3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード