くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

今回はもたもた引っ張らず、前回のカメラをいきなり紹介する。


konicaSⅢ

今は亡き小西六写真工業が1963年12月に発売したKonicaSⅢ。
その時点で、小西六はAE機能の付いたAutoSシリーズを発売してるのだが、
連動露出計カメラに対する要望に応えるため、先代SⅡを手直しし、
20600円で出した。
この業界で、”フィルムメーカーの作るカメラは良く写る”というのは、
半ば常識化している。(レチナしかり、Agfaオプティマしかり。)
そして、ご多分に漏れずコニカのSやAutoSも良いレンズがついていて、
とても良く写る。以前紹介したOlympusTrip35同様、大量に売れたため、
現在では不当に安価に評価されているが、妙に趣味製の高いカメラよりも、
遙かに高い機能を備えている。
ただ、このカメラは、ファインダー内に追伸式セレン露出計を備えるため、
絞り操作は完全アナログでクリックストップがないため少々使いづらい。
画像の機体は、個人的に貼り革を交換して見栄えを変えたうえ、
レンズ鏡胴を改造して絞りリングにクリックストップを与えた。

と言うわけで、このカメラは良いレンズを備えた優秀なカメラなのだけれど、
もう少し踏み込んで検証し、特に他のカメラと比較すると、
更にカメラが深く見えてくる。


以下次号
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/07/20(金) 00:48:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LS-RFカメラの解説 その3 | ホーム | LS-RF解説 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/39-ba104b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード