くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイアル35

Dial35Mecha4
とっくの昔に取り上げていたと思っていたら、
今回初めての題材だった、キャノン・ダイアル35.
これは1963年発売の1型。
1968年に電池の形式を換え、
外観を変更した2型になり、
輸出仕様はベルハウエルとのダブルネームだったりするけれど、
今回はメカの話。

はっきり言って、
修理屋泣かせのカメラです。
カメラ修理関係の記事では再三挙げられているけれど、
このカメラは、アルミシェルが機械部を挟み込んだ、
最中構造になっていて、その”かわ”と”あんこ”の間、
及び、あんこの中の至る所に”モルトが貼ってある。
Dial35Mecha1
工場出荷から既に40年以上経っているため、
遮光材は全てべとべとの鳥もち状になっており、
整備は最深部まで分解し、
劣化したモルトを全て取り除くことから始まる。
取り損なったべとべとが、
シャッター羽や絞り羽、AE機能の作動部に付着すると、
それだけで動かなくなり再修理に追い込まれるから、
清掃は徹底的に成されなければいけない。

 以下次号


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/02/21(火) 01:03:49|
  2. ハーフサイズカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイアル35 その2 | ホーム | 芳賀一洋の世界>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/391-4e45ed56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。