くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LS-RFカメラの解説 その3

前回は画像無しだったので、今回はてんこ盛り。

S2

systemS3up

systemS2up

systemuS2botm

前回、巻き上げ・レリース系がカメラにとって重要部分だという解説をしたので、
それをもう少ししつこく、画像を使って論証する。
上二つは、前回お題にしたKonicaSⅢ、下二つは、その先代にあたるSⅡ。
SⅢは1963年12月発売で20600円、SⅡは1961年7月発売で24800円。
もしも、2機種をお持ちの方は、巻き上げ感触を比べてみられるとよい。
当時の大卒初任給を1万円、現在のそれを20万円と大雑把に仮定すると、
前者が412000円(??!!)、後者が496000円(・・・・・)となり、
シャッターが同じで、レンズも殆ど同スペックなのでラインのコストダウンを考慮しても、
現在での貨幣価値で1個体当たり約5万円もの倹約が、
シャージ・レリース系で行われていることになる。
笑い話でなくて、本当にこの部分は重要で、
RFが付いてて凝ったレンズを載せ、とにかくでっち上げたK社の”P”とか
O社の”L”は、ゴミともくずとも呼びたいほど、この部分の作りが酷い。
改めて言うが、SⅢは断じて決して出来の悪いカメラではない、
しかし、このあたりから、日本のカメラの作り方が少しづづ品質よりも、
コストダウン重視という彷徨に変わっていったのは間違いない。

以下次号。





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/07/28(土) 23:46:24|
  2. LS-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HCB展 | ホーム | LS-RFカメラの解説 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/41-cd166123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。