くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ペンタコンシックスの使い方 その3

さて、
今回はP6系最大の問題、”コマ間不良”について解説する。
何を隠そう私のPCは既に10年落ちのご長寿XP機。
you-tube対応していないので、
裏技を駆使して何とか取り込んだのがこれ。



何故コマ間不良が起こってしまうか、
お分かり頂けただろうか?
因みに動画内で述べていた、
巻戻り防止ギアはこれ。

P6tranpoGiar

スケールとして120スプールを置いたが、
それより小径な円盤にぎっしり歯が切られているのを、
お分かり頂けると思う。
左側ギアの二つのダボにスプールの穴が噛み、
右側は同じモノの裏側を表す。
このパーツは単なる無垢の歯車ではなく、
その内側にクラッチ機能が組み込まれている。
このため、もしも、ギア飛びを嫌って谷を深くすると、
内部容量が確保できなくなる。
欠陥設計と言われればそれまでだが、
巻き上げレバーに指を添えて戻すのは、
カメラ操作の基本なので、
ご勘弁いただきたい。

これは、
あらゆるカメラに共通する作法です。
逆に、全く無頓着にレバーをひっぱたいている人が居たら、
黙って無知を笑ってやればいいし、
そのような店員の居るカメラ屋さんでの買い物は、
あまり期待しない方がいいでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/04/08(日) 21:16:18|
  2. フォーカルプレーン一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ペンタコンシックスの使い方 その4 | ホーム | ペンタコンシックスの使い方 その2>>

コメント

時々ブログを見させていただいております。

この記事を拝見して、

以前整備済みで購入した自分のペンタコンシックスの巻き上げレバーを手を離して戻してみたのですが、

スプールは巻き上げ状態のまま逆回転しませんでした。

これが正常だと思うのですが、個体差もあるのでしょうか?
  1. 2012/04/09(月) 00:03:03 |
  2. URL |
  3. ゴマメの涙 #BaRPan0g
  4. [ 編集]

ゴマメの涙さん、個体差はあります。
また、戻りが起こらないのが正常です。
私の手元のペンタコンシックスとプラクチシックスとでも同じ事が起こっており、症状が違います。これが整備状態によるのかどうかは、再度、巻戻りの起こっているペンタコンシックスを開けて検証するつもりです。以前私がOHした機体ですが、その当時は巻戻りに対する認識が甘く、調整が不徹底だった可能性があります。
ただ、次回の記事にも書きましたが、出来るだけレバーは静かに戻してあげて下さい。数回確認するだけでなく、頻繁にレバー戻しでぶつけると、シャッターに深刻な損傷を与える可能性があります。
  1. 2012/04/09(月) 01:26:45 |
  2. URL |
  3. くらびぼー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/410-bac82d75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード