くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HCB展

アンリ・カルティエ・ブレッソン展に行ってきた。

HCB-E

嫁さんと1才2ヶ月の赤ん坊連れだったので、お茶やらおっぱいやらおしめやらで、
出たり入ったりだったけれど、子供も何故か妙に興奮して、
彼らの言葉で何かに語りかけていたように思う。
(会場スタッフの方々、変なガキに優しくしてくださって、本当に有り難うございました。)


展示されている作品には全て黒枠が入っていて、それどころか、
フィルム・パーフィレーションまで確認できる画もある。
(おいおいおっさん、フィルムの装填気をつけるか、
 スプロケットあたりの整備をしっかりしろよ・・・・と言う突っ込みは置くとして)
つまり、これらの写真は皆全くのノートリミングで画になっていると言うことだ。

すごい!!!!

”構成の天才”と言う称号が雑誌に載っていたが、
もっと詳しく言うと、”幾何学の天才にして構成の錬金術師”と呼ぶのが、
正しいと思う。
だって、ライカで撮ってるんだよ。
LでもMでもRFライカはファインダーの中心部でしか焦点を合わせられない。
従って、ピント合わせとフレーミングとは必ず2アクションになるはずなのに、
過不足無く瞬時に完璧に収まっている。
図録の記載によれば、1978年来日の際もM4を持ち込んでいるらしい・・・・・。
その時代にはFどころかF2がとっくの昔に出ていた。
”最新の機材が最良の機材”と言っている現在のカメラマンは、
最新の機材でしか最良の結果を出す腕がないカメラマンなのだと思える。
勿論、ライカのL・Mのみならず、NikonFでもEOSでも、デジでも、
撮れた写真が優れていれば機材は関係ないし、
本当に優れたカメラマンが、極限の状況で機械の補助を借りて、
最高の作品を勝ち取ることもあるのだろうが、
なまなかな輩が”決定的瞬間”に直面したとき、
機材への甘えは”画”に現れると思う。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/07/29(日) 00:51:36|
  2. Exhibition
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これであなたも修理屋開業 | ホーム | LS-RFカメラの解説 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/42-7172e8a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。