くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マリオン・ソホ その7

ここまでで、
マリオン・ソホの修理及び解説は終了です。
最後にもう一度このカメラの外観を、
ご覧下さい。

マリオンソホl
6×9カメラなので、
小柄なライカよりは当然大きいのですが、
以外に小さいことに驚かれると思います。
今回の持ち主は、
このカメラに使えるホルダーを、
二つお持ちだったのですが、
必要があれば一般的な120ホルダーから、
ホルダーゲートの形に合わせる改造も可能です。
ガラス感版やシートフィルムではなく、
市販のブローニーフィルムで、
この独特なカメラを楽しむことが出来ます。

古典カメラは、
当時の職人が魂を込めて作り上げた、
歴史的文化遺産です。
これほど程度の良い個体は希ですが、
傷みが進んでいても、
再生することは可能です、
万一手の施しようのない状態でも、
部品として活かしてあげることが出来ます。
もし、
朽ちかけている古典カメラを見かけたら、
決してゴミにすることはせず、
後世に残す方法を、
考えてあげて下さい。

当方では、
様々なご相談に対応しております。
秘匿メールを用いれば直接の連絡も可能ですので、
ご遠慮なくお問い合わせ下さい。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/11/28(水) 11:38:42|
  2. 古典カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さるでも解るTPP | ホーム | マリオン・ソホ その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/464-1953821a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。