くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

”喜屋ホビー”(実店舗)閉店

何という既視感・・・・・。
今年の正月にもこんな記事を書いていたような気がする・・・・。


業界内では既に知れ渡ったことなのかもしれないけれど、
あの”喜屋コン”の荻窪・喜屋ホビーが実店舗を閉めます。
(4月7日付)
西荻窪の”ナカマ模型”に委託品の清算に行って知った、
青天の霹靂。
もともと、雛人形などを扱う大きなおもちゃ屋さんのご令息が、
ナカマ模型の常連になり、
タミヤの人形改造コンテストで入賞する程腕を上げ、
旧来の店を閉めて始めた商売だったらしい。
西荻窪の社長は、”時代の流れ”、
”模型店は下駄屋さんのような物・・・”というけれど、
私には納得できない。

タミヤ模型が今から40年ほど前に、
文芸春秋に一面広告を一年続けていたことを、
ナカマの社長は覚えていた。
同時期にメリクリンも出稿していて、
文春の懐の深さを伺い知るが、
何よりもタミヤの先見性がタミヤを今のタミヤたらしめていると思う。
それ故私にとって、
俊作会長はリビング・レジェンドなのだ。

ナカマ模型もかつて、
アサヒカメラに広告掲載しようとしたが、
”大人の事情”で実現しなかったそうだ。
後日同誌の編集が店を訪れ、
”あのときもっと異業種に門戸を開いていれば、
  今の状態にはなっていなかった・・・・”
と、言ったとか言わなかったとか・・・・。


打開策は・・・・・、
プラモデルの製作を社会的に認知させることだと思う。
そのために絶対的に必要なことは、
鑑賞に堪えうる完成品を、
”作品”として社会に通用させ、
マーケットを成立させる。
ゴミのような建て売り住宅よりも、
遙かに資産価値のある品物として、
世の中に認めさせることだと思う。


タミヤとハセガワが組んで、
オリンピックを開き、
最高位を300万円で買い上げる。
(安いな・・・・・・)
あとは、
まともな人間が参入して居残ってくれれば、
競争は継続するだろうし、
キチガイとクズの吹き溜まりになってしまえば、
そもそもプラモデルなど、
世の中に要らない物だったと、
片づけられるだけだろう。


国際的に最高水準の製品を、
圧倒的な量で輸出しているのに、
国内にその成果たる作品の市場が、
いつまで経っても成熟しない・・・・。

同じ図式の業界に、
私は新たな立場で、
立たされている。
これをお読みの方たち、
力を貸してください。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/24(日) 01:47:20|
  2. TOPICS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<写真屋初投稿 | ホーム | ローライ35S>>

コメント

我が意を得たり

全面的に同意見です!

>プラモデルの製作を社会的に認知させることだと思う。
>そのために絶対的に必要なことは、
>鑑賞に堪えうる完成品を、
>”作品”として社会に通用させ、
>マーケットを成立させる。

まさにそうだと、思います。
まずは、単なる戦争の道具の模型であることを突き抜けた「作品」を多くのモデラーが世に示すことが必要です。
そのためにモデラー全体のレベルが、もう二段、三段と壁を突き抜けてブレイクスルーする必要があるのではないかと。

普通の人(それでも限られるでしょうが)が見ても「欲しい!」と思わせられるような魅力や、わかりやすいすばらしさ、などは絶対に必要だと思います。


>タミヤとハセガワが組んで、
>オリンピックを開き、
>最高位を300万円で買い上げる。

ヤフオクなどで細々と成立しているマーケットがありますが、
やはりここは話題性を提供して衆目を集め、参入を促さねばなりません。
それには、1000万円の取引が成立することが一つの目安になるでしょう。
模型趣味のまえにはクワガタを一時飼っていたことがあるのですが、
天然物伊万里産オオクワガタ国内最大が、その値段で売れたことが新聞に載って以降は、みんな「クワガタって高いんでしょう?」というところから話が始まるようになりました。
一攫千金を狙って、ブリードする人も多数あらわれたようです。
わたしは、「伊万里産?天然物?」とその取引には懐疑的だったので、ひょっとするとやらせかと思わないでもないですが、ともかく世の中に認知される効果は絶大でした。

また、『一枚の絵』という古雑誌をたまたま手にしたとき、そこに掲載されている作品はすべて値段がついていたので、驚きました。
「掲載された作品を配布します」と堂々と書いてあります。
模型誌の作例も(大した作例ではないにせよ欲しがる人もいるはず)、巻末に価格表をつけて読者が手に入れられるようにしたらどうなのかと思うのです。
そこでつけられた価格は、ひとつの取引の目安価格のようなはたらきをするはずです。

どんなにすばらしい作品でも、製作者本人が死亡すれば、価値のわからない家族はガラクタとしてゴミに出してしまいます。
この状況を変えるためにも、「模型博物館」(模型のテーマパークでもよい)の創設は必要だと思います。
目利きの学芸員が、価値のある作品は、個人より買い上げ保管管理するのです。
ここに収蔵、展示されることがモデラーの一つの目標となるような存在になればよいのではないでしょうか。
いまのプラモデル完成品は、人生の少なからぬ時間を投じて作った入魂の作品であっても、あまりに「無価値」すぎるように感じるからです。



  1. 2013/04/09(火) 14:45:59 |
  2. URL |
  3. 宮崎一誠 #-
  4. [ 編集]

宮崎さん
熱いメッセージ有り難うございます。
いささか、度を超した言葉遣いだったために、
反応が心配だったのですが、
くみ取っていただける方がいらして、
嬉しい限りです。
私は以前から写真・カメラ関係の仕事に就いているのですが、
現在の、AE・AF・デジタルで撮られた趣味の写真よりも、
作り込まれたプラモデルの方が、
遙かに優れた作品だと思っております。
しかし、社会的には認識されてはおらず、
大変残念な事です。
反面、一部の”ヲタク”てきマニアの振る舞いが、
周囲の理解の妨げになっているのも、
また事実でしょう。
ゴッホもモジリアニも、ちょっと変わった人達だったようですから、
”凝り性”な人達を全否定するわけにはゆきませんが、
社会的認知には、大人の振るまいとそれに即した、
発信が必要だと思っております。
  1. 2013/04/11(木) 00:07:25 |
  2. URL |
  3. くらびぼー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/502-67d05aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード