くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セレン光電池の解説 その3

セレン光電池を使った露出計について、
再三”使い方次第”という言葉を使ったのは、
前回挙げたように、
この受光素子が単純に経年劣化するわけではないからです。

前回・前々回画像をよく見ていただくと、
1962年10月15日の日付のあるセレン光電池が、
ほとんど問題のないきれいな状態を保っているのに対して、
1965年8月23日のそれは、
実用できないレベルまで劣化してしまっています。
つまり、
時間がたったから痛んでしまったわけではありません。

セレンは光が当たると起電します。
この時、当然受光素子は少しづつ変質します。
つまり、
劣化の程度は製造からの時間ではなくて、
その間に当たった光の量で決まります。
従って、
日当たり良い場所で、
強い光を浴び続けたセレンはかなり短期間で、
起電しなくなってしまうのに対し、
冷暗所で大切に保管され、
できるだけ測光の時だけ光を当てるように使われていたそれは、
いつまでも新鮮な状態を保っています。

だから、
製造から50年以上たって、
まだまだ十分実用に耐えられるセレンは、
同じように大切に扱ってやれば、
これから数十年でも、
役になってくれるはずです。

なかなか味のある道具じゃないですか。

今回取り上げたセレン光電池は、
近日中にカメラに組み込んで、
カメラファンに挙げます。
お楽しみに。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/02/21(金) 14:14:06|
  2. 修理解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりに選手権発表 | ホーム | セレン光電池の解説 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/553-d358d605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。