くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

鉄則

いささか仰々しいタイトルで恐縮だけれど、
クラッシックカメラの扱い方で、
最近気になったことをひとくさり。

写真を撮るためには、
フィルムを巻き上げなければならないのだけれど、
そのための操作にはいくつかの方法があります。
バルナックライカに代表される、
ノブ巻き上げ。
その後継であるM型を典型とする、
レバー巻き上げ。
ヴェラ、タキソナのようにレンズ鏡胴周りの操作するもの・・等々。

それら多くの巻き上げ機構には、
内部のバネで操作終了後定位置まで戻るような、
仕組みが組み込まれています。

ここで”鉄則”として掲げたいのは、
巻き上げ機構を内部のバネの力に任せて、
的の位置に戻すようなことはせず、
必ず指を添えてゆっくり戻してほしいということです。

winder1.jpg

 以下次号

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/04(木) 16:16:47|
  2. 修理解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<鉄則 その2 | ホーム | VitoB おまけ>>

コメント

ロッコー店主様
こんにちは。
写真のライカにはシャッターダイアルにゴムのような鉢巻を巻いているのですね。
私も以前M2を使っていましたが、何度か巻上げノブを放してしまい、バチーンとシャッターダイアルに当ててしまいました。その結果シャッターダイアルに数箇所傷が付いてしまいました。今は大分なれたので、そのような事故はないですが、機会にも悪影響がありますよね。
  1. 2014/09/07(日) 10:31:41 |
  2. URL |
  3. メイヤー開放同盟 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/606-7f7b4c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード