くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄則 その3

前回挙げた画像は、
よく見てもらえば簡単ですね、
Rollei35のトップカバーです。
後面左端の四角い穴がファインダーなのは当然として、
そのすぐ横がリバーススイッチレバー、
後面中央部の穴はカバー固定用飾りネジの開口部。
では、
その二つの間に空いた穴は?

本来ここにはプラスチックのダボが埋まっていて、
分解しても穴は開いたりしない部分です。
つまり、巻き上げレバーを何度も打ち付けられて、
割れて脱落してしまったのね。

この部品は単にカバーからレバーを浮かせて、
キズが付かないようにするだけで、
レバーの戻りを受け止めるだけの力はありません。
つまり、
このように抜けてしまったのは使い方が悪かったからです。

再生が比較的簡単な部品なので、
こうなっても”壊れた”とは言い切れませんが、
内部の破片が機械部に落ちて踊った場合、
取り返しのつかない故障になりうることはあります。

つまり、
ダボを不用意に割ってしまい、
且つそのあと異常に気付かず、
無理に操作した人は、
カメラを本当に”壊して”しまうわけです。

winder2.jpg

 以下次号


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/08(月) 10:56:30|
  2. 修理解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄則 その4 | ホーム | 鉄則 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/608-9f00aad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。