FC2ブログ

くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

Pentacon Six 泥沼

昼日中からブログをだらだら更新しているのは・・・・・、
そうです、現実逃避です。
先日からいろいろあって作業がちっとも進まない。
最大の理由は後述するが、その次の理由はこのカメラ。

Pentacon6 1
東ドイツで作られていた120-66;FP-SLR。
レンズラインナップが魅力的で何より安いから、結構人気のあるカメラ。
120を使うエギザクタとでも位置づけると良いかもしれない。
しかーし、シャッター機構はかなりとほほほほ・・・・。(だから安いのさ・・・・)
前回紹介したエルネマンシャッターとは、有る意味対極を成す。
つまり、このカメラのシャッター機構は、エルネマンとは比べもにならないほど、
加工精度が低く材質が悪い。
一度分解してしまうと、決して元には戻らないから、シャッター機構の調整は、
全くサラから作り上げる技量が要求される。しかも、少しでも組間違えると、
簡単に変形したりネジ山がバカになったりする。地雷除去とか爆弾処理に、
近い作業かもしれない。
(死亡も怪我もあり得ないので、それをなさっている方々には失礼だろうが・・・)

P6 mecha1   P6 mecha2

P6 mecha3

左上が調速装置、右上が巻き上げ・レリース機構、そして、
下の画像は右と左をつなぐシーソー方のリンケージを表す。
特に、最後のシーソーは後幕のトリガーになっているので、非常に微妙。
それ以外にも、幕テンションを初めとして、雁木の当たり調整、
調速カムとの当たり調整などなど、調整点が多いため変更方法が天文学的・・。
幕取り付け位地と幕テンションだけしか調整方法のないライカが、
如何に優れたカメラであるかをしみじみと思い知る。
それにしても、こんなカメラを本当に量産していたのだろうか・・・・?
・・・・・私は疲れました・・・・・。




関連記事
スポンサーサイト



  1. 2007/10/04(木) 13:55:43|
  2. LS-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<沈まぬ太陽 | ホーム | Ernoflexの機構>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/61-c7beba8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード