くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄則 その6

現在、
”AFレンズは脆弱なもの”だと了解されているから、
使用者はそのつもりで機材を扱いますが、
もし、嘗てのマニュアルレンズの時代に、
現行レンズが送り込まれたとしたら、
たちまち故障・返品の山が出来、
メーカーの信用は完全に失墜するでしょう。

では、
その逆を考えてみましょう。
クラッシックカメラを現行デジカメの感覚で扱うとどうなるか?

改めて言うまでもなく、
現行製品に比べてクラッシックカメラは遥かに耐久性が高いため、
普通に扱っても全く問題ないように思われますが、
そこに大きな落とし穴があります。

現行のデジタルカメラは全て、
電子制御されたモーターで動いています。
つまり、ボタンを押すと勝手に動いてくれるので、
実際に自分の力でモノを動かす感触が、
全く得られません。
それ故、
家電品のようなカメラに慣れきってしまった人は、
昔の機械を操作する際の、
異常・正常に対する感受性が、
非常に低くなっています。

 以下次号

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/09(火) 20:31:11|
  2. 修理解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄則 その7 | ホーム | 鉄則 その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/611-31b6fc78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。