くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

沈まぬ太陽

sizumanutaiyou

全くもって人騒がせな・・・・・・・。

連載を掲載していた”週刊新潮”が、JALの機内閲覧雑誌から外されたという、
曰く付きのすごい小説のことは以前からきいていたけれど、
”R25”に取り上げられて興味を持ち、Book offで買い込んだのが運の尽き。
取り憑かれて、仕事も手に付かず読みふけることになった・・・・・。

3部構成で全5巻だが、特に圧巻は第三巻”御巣鷹山編”。
山崎豊子という人の描き出す悲劇は、
どうしてこれほどまでに読む者を追いつめ、
描かれている人々の怒りや悲しみ、何よりも無念を、
まるで身体に注ぎ込ませるように、我が身のこととして感じさせるのだろう・・・。
強がるつもりはないが、自分が飛行機に乗って落ちても、
それほど悲しいとは思わないけれど、年端もいかない子供が、
ダッチロールの機内に閉じこめられ、あげくに殺されたとしたら・・・・。
これを書いているだけでも、身もだえして泣けてくる・・・。
その痛みと責任を理解できない輩と、まともな感覚の人たちとの抗争を、
その後の”会長室編”ではつづられているのだが、
”世の中にこれほどバカで卑しい奴がほんとにいるのか・・・”と訝ってしまう。
銀座の高級倶楽部を退屈だったと言った先輩が居たが、全く同感だし、
何よりも人の金を使い込んで偉そうにする感覚が全く理解できない。
安易な大団円に終わらせない含みのある結末だが、
汚職を働く輩の子供が、ふぬけに育っていることが、
作者なりの現実味有る浄化なのだと思う。
突飛な結びになるかもしれないが、読後に何かの一説が思い浮かんだ。


  幸福になることは最大の復讐だ


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/10/05(金) 01:23:05|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミニチュアクラップ 1型 | ホーム | Pentacon Six 泥沼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/62-7c3822df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード