FC2ブログ

くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

ハーフサイズカメラの考察 その1

またまた、”その1”なぞと、いつまで続くやら・・・・。
1959年9月のオリンパスPen発売を持って始まった、ハーフサイズカメラブームは、
1970年4月のこんなカメラの発売をもたらし、ほぼブームは収束する。
(とは言え、オリンパスは73年にPenEE3、81年にはEFを出しているが・・・・。)
SL mecha 1
画像左肩に乗せてあるのは、このタイプのカメラの一般的なシャッターユニット。
従って、こいつはそれまでの機種とは構造が異なることが判る。
もう少し判りやすい画像にすると、これ。
SL mecha2
操作性を全く考慮しない真四角なボディーに、やたらとでかいレンズ。
数あるハーフサイズカメラの中でも、最も不細工な一台だと思う。
R half SL
国内でのハーフサイズカメラの位置づけは、あくまで普及品扱いだったが、
それでも上位機種は各社そろえてきて、そのどれもがf1.7~1.9といった、
大口径レンズを与えられていた。’62年11月に初号機を発売以来、
ずっと25mm/2.8でやってきたオートハーフも、
やっと大きなタマが付いたのだけど、見ての通りの格好で、
なんだか、零戦が烈風になったような感を否めない。
しかも各社が、30~32mmと言った広角系レンズ(135フル換算で42~
43mmほど)なのに対し、35/1.7と、ちょっと見劣り・・・・。
整備中もオートコリメーターでピント確認すると、狂いを感じさせるほど、
にぶーいチャートの見え具合だったが、テスト撮影すると、
意外なほどシャープな像を結んだ。
my son SL

tina SL
問題なのは、このクラスのハイスピードレンズは目測撮影するには、
被写界深度が薄すぎてシャープな画を撮るのが非常に難しいと言うことだ。
基本的には、各社ともAEカメラなので、開放撮影はほぼ無いと、
割り切っているのだろうが、f1.4を載せて距離計のない某Yなどは、
どんな写真が撮れたのだろうか・・・・・?




関連記事
スポンサーサイト



  1. 2007/10/26(金) 02:28:37|
  2. LS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<朝比奈画伯 油絵展 | ホーム | 雪辱戦>>

コメント

このカメラの露出計(cdsでしたっけ?)は、壊れたら直せますか?
  1. 2007/10/29(月) 11:22:53 |
  2. URL |
  3. onobori #-
  4. [ 編集]

なおるけど、治したくない。
手間の割には、金額とれないからね。
  1. 2007/10/31(水) 18:45:58 |
  2. URL |
  3. くらびぼー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/67-3832c0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード