FC2ブログ

くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

日航ジャンボ機墜落事故 30年

大学4年の夏休み。
いつもの風呂屋の引き戸を開けると、
脱衣所中央正面を向いたテレビが、
消息不明を連呼していた。
この日が来るといつもあの瞬間を思い出す。

30年を経て、
これまで様々な文献・記事に触れたけれど、
昨晩のテレビ番組で、
修理ミスの具体的内容と、
当時ボーイング社から派遣された修理スタッフの名簿を、
群馬県警が入手していたことを初めて知った。

そこで疑問。

圧力隔壁接合部の処理仕様に、
問題があったとのことだが、
事故後に、
その部分が比較的きれいに保存され、
写真に残っているのはなぜか?
そこから裂けたのならば、
破損状態は最も著しいはずだ。
圧力隔壁下半分を継いだので、
中心から両翼に延びる継ぎ目の片方が裂け、
もう片方が写真に残ったのか?

アメリカの司法制度では、
事故再発防止のため、
原因究明を最優先し、
個人の責任を問わないことになっていると説明しているが、
本社の示した修理仕様と現場で行われたそれとが食い違っており、
それが、事故の根本原因と言っていい。
現場判断で仕様変更が行われたのならば、
明らかに重大な服務規程違反であり、
社内規律が保たれておらず、
それ故520名が亡くなったのだとすれば、
ボーイング社は相当な社会的制裁を受けてしかるべきだ。

”修理ミスがなぜ起こったのか”は、
決して明かされないだろう。
それは、
B社だけでなく国を挙げて、
何かをかばっているからだ。

あの国がそういう国であることを、
正しく理解すべきだと、
私は思う。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2015/08/13(木) 10:16:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ペンタコン6の幕交換 1 | ホーム | 結局昨日は・・・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/686-368e4d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード