くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

Minolta ALS その2

更に、ファインダー部分をきれいに仕上げるためには、
上カバーに組み込まれるカバーグラスを外して、
拭いてやらないといけません。
Cds素子窓部分のパイプが、
測距窓ガラス固定用プレートの留めネジになっていますが、
結構外すのに手間がかかります。
下手を踏むと、
Cds素子の足(接線)を切ってしまいまっつぁおになります。
_DSC0896.jpg
また、
前回挙げたヘリコイドを分解するためには、
シャッターユニットをヘリコイドから外さなければならず、
そのあと各リンケージを組み込みながら、
元に戻すのにも結構手間がかかります。

実際、
ベルトコンベアーで量産していたころは、
一体どういう作業だったのか、
本当に不思議です

そして、
整備作業の最難関は、
レンズ鏡胴の各リングに組み込まれている、
電極をうまく納め接触不良を起こさずに、
電流計を動かすための正しい組立です。
本当に、
どうやって量産していたのでしょう?

 以下次号。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/13(金) 21:27:02|
  2. 修理解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Minolta ALS さいご | ホーム | Minolta ALS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/726-12c38b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード