くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

古典カメラのレストア その2

いきなり経過説明。

ihageeSLR3
前回骨組みだけだったのが、ジャバラと前板・前蓋が付くとこうなる。
有る意味このカメラで最もやっかいな作業がこれで終わったことになる。
ビス留め部分は何度でも脱着が出来るが、接着剤で貼り付ける部分は、
一発勝負でやり直しが難しいし。わらに、ジャバラは破れやすく交換品もない。
因みに、古典カメラは木製部品も多く、このカメラの筐体も木の箱。
当然木ねじが使われているが、これの取り外しも金属ビスのそれと違い神経を使う。
湿気を吸った木がネジを腐らせ最悪の場合頭だけもげてしまう。
それでもひとまずここまで来た。
峠を越して一息・・・・。

これからは、機械部分の整備にかかるが、その前に”掃除”と言う作業が待っている。

ihageeSLR4  
アルミニウムに革を貼り付け時間が経つと大体このようにアルミがさびる。
そのまま放置すると更に進行するし、革が浮いて見苦しいので一回剥がして
取り除いてから張り直す。酸化鉄や緑青と違い、酸化アルミニウムは水にも
酸にもにも熔けないので、薬品は使えずひたすらこそぎ落とす。
これが結構大変。しかも、革に食い込んだアルミ錆の除去は結構コツが要る。
なかなか終わりが見えてこない・・・・・・
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/11/14(水) 10:23:11|
  2. FP-SLR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<古典カメラのレストア その3 | ホーム | ハーフサイズカメラの考察 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/73-948b9953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード