くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フルレストア・カメラという考え方 その7

きちんとした整備をしなければ、
今ある機械式フィルムカメラの多くは、
安定して使うことができないということを、
長々と続けてきましたが、
ここでもう一つの要素を取り上げます。

セレン素子です。
セレン素子
どこかで見かける機会があったかもしれませんが、
これはオリンパスPenEEシリーズに用いられている、
セレン素子です。

裏返してみるとこんなスタンプが打ってあります。
セレン裏
よく見てもらうと解りますが、
左側のセレンには49,9,30、
右側には36.7.9と読めます。
つまり1974年9月30日と1961年7月9日という意味ですね。
どちらも40年以上たっていますが、
電流計の針を振らすことができます。

しかし、
三つ並んだ画像の一番右はじのそれは、
セレン素子の半分以上が劣化してしまっているため、
設定の起電力を得ることができません。
私は、このタイプのカメラを整備する際は、
必ずセレンの表面を確認し、
今でも使用可能かどうかを判断します。

逆に、
50年近くたっているセレン素子でも、
問題なく露出計として使える機体はあり、
PenEEのように比較的潤沢な個体数のある機体は、
外観やレンズそれぞれのパーツを選んで、
良好な機体を作ります。

以上の行程を経て作り上げた機体を、
私は”フルレストア・カメラ”と考えています。

いろいろ

 以下次号


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/12/23(水) 22:13:41|
  2. 修理解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フルレストア・カメラという考え方 さいご | ホーム | フルレストア・カメラという考え方 その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/736-5934f6f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。