くらびぼー

修理屋家業の傍ら書き溜めた、クラッシクカメラの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レチナ・トーリービーア~

今日はどうでもいい話を一席。

レチナには山ほど種類があるというのは、これ読んでる皆さんは、
ご存じでしょうけれど、形式名や搭載レンズではっきり区別する以外にも、
細かな違いがあるのはご存じだろうか。
今回のお題は正に”くらびぼー”的に昨日突然気が付いて、
師匠に教えて貰ったことを書き留めてみる。

以前にも取り上げた1954年発売のレチナシリーズの完成形、
レチナⅡ・Ⅲcシリーズは、露出計の有無でⅡとⅢとを分けていて、
上部カバーの下は同じ構造になっている。
更に、形式名としてⅡc・Ⅲc・ⅢCが有り、c/Cは距離計形式の違いを表す。
で、それぞれに搭載レンズとしてクセノン・ヘリゴンが与えられている。
そこまでは常識。
で、”初期型”は10枚絞り羽で後期型は5枚と言うのも割と知られている。

retina compur1


修理屋的には、”初期型”と”後期型”との間に絞り操作リングの
互換性がないのが重要だったりする。ところが、この画像を見ると
羽の数以外にも変更点がある。

retina compur2
羽の少ない後期型の絞り表示つまみが大型化している。
更に、上カバーを見ると。

retina topcover1
カウンター制御ボタンの受けが誤作動防止のために大型化している。
更に、ボディーをよく見ると・・・・・。
retina body1[

左が初期型だが前蓋引き込み部とボディー下端とが
面一で同色なのに対して後期型は引き込み部が黒塗り・下端が銀色。
これは、後期型のボディー上下部に、初期型にない飾りパーツが
組まれているから。

retina body2
右が後期型、よく見るとモール上に左の初期型にはないパーツが乗っている。
つまり、レチナは時代が下ると絞りバネの数は減ってしまうけれど、
それ以外の部分は寧ろ凝った作りになっている。
しみじみいいカメラだと思う。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2007/12/02(日) 00:42:38|
  2. LS-RF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<まな板カメラ | ホーム | 古典カメラのレストア その4>>

コメント

お返事

何方からか、
非公開メールをわざわざ頂いていますが、
文字化けしていて全く読めません。
お返事できず残念です。
  1. 2009/09/29(火) 13:38:07 |
  2. URL |
  3. くらびぼー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/tb.php/76-34ee76bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くらびぼー

Author:くらびぼー
 HP    https://camera-rokkoo.amebaownd.com/
 twitter  https://twitter.com/rokkoo2013

職人仕事の片手間に、
カメラから教わった事を書き留めます。
映画・漫画・書籍等々、
書きたいことは沢山あるけれど、
本業に追われ更新は途切れがち。
まあ気長にお付きあいください。
掲載内容に関わらず、
カメラ修理/整備全般に渡ることがらについて、
何でもお答えいたします。
ご遠慮なくお問い合わせください。

〒 103-0013
 東京都中央区日本橋人形町1-1-21 
   人形町ビル1f
  カメラのロッコー
  03-3667-4285
   日祝休
   月曜~金曜 11:00~19:00
   土曜    12:00~17:00

ショッピングカート 始めました。
  http://rokkoo2013.cart.fc2.com/

フリーエリア

アクセスランキングにご協力ください。

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。